出会い系の説明

マッチング系出会いアプリのメリット・デメリットは?

投稿日:

マッチング系出会いアプリと従来の出会い系の違い

マッチング系出会いアプリの特徴は、Facebook認証や年齢認証が必要であることと、利用料金が月額制であることの2つです。これは従来の出会い系との主な違いでもあります。

これらの違いによって、従来の出会い系と比べ、マッチング系は「信頼できる」というイメージが浸透しました。

しかしここで重要なのは、マッチング系と従来の出会い系を区別する明確な定義はないということです。

中にはマッチング系の「信頼できる」イメージを悪用して、「マッチング系出会いアプリ」とうたっているだけの悪質な出会い系もあるので、信頼できるアプリかどうかは自己判断が必要です。

とはいえマッチング系出会いアプリ初心者は悪質なアプリを見抜くのは難しいので、初めてマッチング系に登録するときは、すでに有名なアプリを選ぶことをおすすめします。

Facebook認証や年齢認証が必要

まず1つ目に、マッチング系出会いアプリに登録するときはFacebook(実名登録)のアカウントを使ったり、年齢認証で18歳以上であることを証明する必要があります。

このように登録に手間をかけて身元を証明する必要があるため、従来の出会い系に比べてあやしいユーザーが少なくなるのです。

私は従来の出会い系とマッチング系のどちらも少しずつ利用したことがあるのですが、「明らかにあやしいな」というユーザーはマッチング系の方が圧倒的に少なかったです。

かといってすべてのユーザーが信頼できるわけではないので、従来の出会い系と同じく警戒心を持つことは必要です。

利用料金が月額制

そして2つ目に、利用料金が月額制であることがサクラの少なさに大きく関係しています。

というのも、従来の出会い系はポイント購入制で、サイト内でメッセージを送る度にポイントが消費されていく仕組みです。

これはサクラにとって、とてもおいしいシステムでした。サクラとは、誰とも出会うつもりがなく、メッセージのやり取りを続けることでお金を搾取するユーザー(運営側に雇われている)です。

課金方法が月額制になると、いくらメッセージをやり取りしても膨大なお金を搾取することはできなくなるため、サクラのメリットが少なくなるのです。

実際にマッチング系を利用した感じでも、もちろん体目的の男性や援助交際目的の女性など危険なユーザーはいますが、サクラが少ない印象を受けました。

マッチング系出会いアプリのメリット

顔写真を見て好みのタイプを選べる

マッチング系出会いアプリの大きなメリットは、会話する前に顔写真を見られることです。

まず顔写真やプロフィールを見て好みのタイプを選びます。それから相手に「いいね」を送り、コンタクトをとります。

この「いいね」の数ですが、若い女性ならとてもたくさんの男性(1日に100を超えることもよくある話です)から声がかかります。

やみくもにコンタクトをとるわけではなく、相手の雰囲気や趣味などをじっくり厳選することができるので、婚活パーティーなど実際に会って好みの相手を探すよりもある意味効率的に、趣味の合う相手を探すことができます。

この顔写真についてはデメリットにもなりうるので、デメリットについては後ほど詳しく説明します。

アプリによって大きく性質が異なる

タップル誕生やpairsなど、マッチング系出会いアプリと言ってもいくつも種類があり、それぞれ性質が違います。

これは利用者の層をある程度しぼってくれるという点で大きなメリットになります。色々なアプリの特徴を知っておけば、より自分に合ったアプリを見つけることができます。

私はタップル誕生とpairsの2つのアプリを主に利用していましたが、アプリごとの違いは大きかったです。

たとえばタップル誕生は女性が無料で利用できる、匿名で利用できるといった特徴があり、大学生などの若い層が気軽な恋人探しに使っていることが多いです。

これに対しpairsは、Facebook認証が必須であり、タップル誕生よりもハードルが高いため、真剣に恋人や結婚相手を探している利用者が多いです。

アプリごとに利用者の意識・目的がかなり違ってくるので、自分と合わないアプリに登録すると、「なんか違うな」と思うことになります。

自分がどの程度真剣に恋人を探しているのか、どういう相手を見つけたいのかを考えてアプリを選ぶことで、より自分に合った相手を見つけることができます。

マッチング系出会いアプリのデメリット

顔写真のレベルが出会いを大きく左右

顔写真で好みの相手を選べるのはメリットとしても挙げましたが、これは同時にデメリットにもなります。

ユーザーとコンタクトをとるかどうか決めるときに、マッチング系出会いアプリではほぼ100%「顔写真のレベル」が判断基準になり、外見に自信のない人には不利になるからです。

現実世界でも顔や見た目は大切ですが、マッチング系出会いアプリは選べる人数が多い分、顔で判断する傾向はより強くなります。

誰しもが美男美女というわけではないので、人によってはかなりのデメリットになりますよね。

写真うつりを研究したりプロフィールで自己アピールをすることもできますが、本物の美男美女に比べて不利になる部分は大きいです。

私も「いいね」をもらうために色々と研究してみましたが、写真によっては全く「いいね」がつかないこともありました。

顔写真がイマイチだと、出会える可能性もぐっと低くなります。また、見た目ばかりを重視する風潮が嫌になることもあります。

外見に自信がないけれど話すのは得意という人にとっても、マッチング系出会いアプリは不利です。

相手が顔写真を見て「話してもいいかな」と思ってくれないと会話ができない仕組みになっているので、話の上手さでカバーすることが難しいのです。

会話術に自信のある人は合コンや婚活パーティーなど実際に会える場の方が向いているでしょう。

関係が薄っぺらくなりがち

どのマッチング系出会いアプリも男性の方が多く、女性が少ないです。その上女性は多くの男性から声がかかる仕組みになっています。

そのため女性が「選ぶ」側であるという意識が強くなり、一人一人に対する反応はよほど興味を持たない限り素っ気なくなりがちです。こういった傾向は女性だけでなく、人気のある男性にも言えることです。

少しでもイマイチだなと思ったらどんどん次へ乗り換えていくことが可能なため、一人とじっくり話すことは難しいです。

その上一度も会ったことのない相手とやり取りをしているため、個人個人に対する愛着もわきにくいです。

実際、私はマッチング系出会いアプリをしばらく使ってみて、だんだん攻略ゲームのようになってくるなと思いました。

人に対する愛着や優しさはどんどん薄れていきます。カタログから攻略キャラを選んで恋愛ゲームをしているような感覚になってしまうんですね。

もちろん婚活パーティーなど実際に会うよりも選択肢は広がりますが、その分関係性は薄くなっていきます。

まとめ

マッチング系出会いアプリは比較的新しい世界なので、メリットもデメリットも改善される余地はまだまだあります。

あえて現時点での一番の特徴を挙げるなら、やはり従来の出会い系と比較して信頼性が高いことでしょう。

不特定多数の相手と出会うため、選択肢が多いというメリットや、逆に関係が薄っぺらくなるというデメリットがありますが、上手に利用すればとても便利なアプリなので、デメリットばかりが目立つということはありません。

私がマッチング系出会いアプリを利用して最終的に感じたのは、焦りすぎずに自分のペースを守り、相手とまじめに向き合うことが一番の近道だということです。

-出会い系の説明

Copyright© 出会いアプリ.com , 2017 All Rights Reserved.