婚活サイトと結婚相談所の違いを比較

投稿日:

最近は、婚活サイトや結婚相談所で出会って結婚するカップルが珍しくありません。

無料で試せる婚活サイトは沢山あるので、一度は利用を考えた方も少なくないでしょう。

予め自分の好みの条件で異性を検索し、意気投合してから出会えるので、忙しい社会人にとっては、どんな人が来るのか分からない合コンよりもずっと合理的です。

今や婚活サイトや結婚相談所の利用は、日本の文化にすらなりつつあります。

では『婚活サイト』 『結婚相談所』どちらもよく聞くけど、一体何が違うのでしょう。

これらには、予算や仕組みなど様々な違いがあります。

目的やライフスタイルによって、どちらがあなたに合うのかを見ていきましょう。

婚活サイトと結婚相談所の1番の違いは金額

一番大きな違いは利用にかかる金額です。

さて、どれくらいの違いがあるのでしょうか。

坂本です
有名な婚活サイト「ペアーズ」だと女性は無料です。

男性は無料会員だと、女性のプロフィールを閲覧するだけで、メッセージを送ったり返信したりが出来ません。

なので、ほとんどの男性が有料会員ですが、それでも月額約3,000円です。

婚活サイトの場合は、試しにやってみようかな? と興味本位で試せる金額ですよね。

一方、結婚相談所は桁が違います。

吉田
例えば「ゼクシィ縁結び」は入会金30,000円、月会費がコースにもよりますが約10,000円〜

初期費用だけで、婚活サイトの10倍です。

楽天オーネット」や「ツヴァイ」は初期費用だけでなんと10万円月会費が約10,000円かかります。

年間30万円近くかかるところもあります。

さらに、結婚相談所によっては、ご成婚となった場合「紹介料」を支払わなければいけないところもあります。

婚活は継続が必要です。

1~2か月で良いお相手と巡り合えるわけではないので、いくらかかるのかは予め確認が必要ですね。

 

会員の年齢層、会員数の違いは?どんな人が登録しているの?

一番気になるのは、登録したはいいものの、本当に出会えるのか、条件に合う人はいるのか、ですよね。

では、婚活サイトと結婚相談所、それぞれの会員層を比較してみましょう。

会員の年齢層

婚活にかける予算の違いは本気度の違い。

そして、その金額を出せるだけの収入があるかという見方も出来ます。

会員登録にかかる金額の桁が違うので、婚活サイトの方が結婚相談所よりも平均年齢は若めです。

坂本です
婚活サイト「ペアーズ」や「Omiai」、「ブライダルネット」などでは、20代後半から30代後半が多く、中には20代前半〜半ばの方もいます。
婚活サイトブライダルネットの平均年齢

婚活サイト「ブライダルネット」の年齢層

出典元:ブライダルネット

吉田
結婚相談所だと平均年齢はやや上がり、30代から40代が中心になってきます。

ある程度収入が安定していないと、予算面で継続が難しいことも原因です。

IBJメンバーズの年齢層

結婚相談所「IBJメンバーズ」の年齢層

出典元:IBJメンバーズ

会員数の違いは?

吉田
日本結婚相談所連盟(IBJ)によると、全国1691の加盟店で約60,000名の会員がおり、 そのうち、2017年は5700名以上が会員同士で成婚し退会しているといいます。

さらに、毎月約2000名が登録しています。

地域によっては役場に相談コーナーがあったり、街コンが企画されたりしています。

少子化対策も後押しし、婚活自体が社会的に文化になりつつありますね。

坂本です
婚活サイトは気軽に登録ができるので、例えば人気の「ペアーズ」では 累計会員数は700万人にものぼり、活動中の会員数だけでも200万人以上です。

このように、金額の違いが会員数の違いに出るのは当然のことです。

入会金の高い結婚相談所の会員の平均年収は?

結婚相談所の費用が高いことは、ここまで読んでわかりました。

では、結婚相談所の会員は、一体年収いくらくらい稼いでいるのでしょう。

吉田
結婚相談所は男女共に30代から40代の方が最も多く、 理由の一つは、仕事が安定している年代であることです。

そして高額な年会費と月々10,000円近くの会費を払い続けられる ハイスペックの方々が中心になってきます。

結婚相談所「IBJメ結婚相談所「IBJメンバーズ」の年収分布ンバーズ」の年収

結婚相談所「IBJメンバーズ」の年収分布

出典元:IBJメンバーズ

各社のホームページでも取り上げられておりますが、男女ともに約70パーセント前後が短大もしくは大卒であり、男性の年収は500万~700万円層が多いです。

また、結婚相談所の費用を払い続けられる婚活女性は、概ね正社員で、少なくとも400万円以上の収入はあるでしょう。

吉田
大抵の女性は、自分より稼いでいる男性を求めますので、 男性会員の平均年収が600万円前後になります。

また結婚相談所の中には、

年収600万円以上限定、

年収1000万円以上、

医者限定などもあります。

このように、結婚相談所では、ハイススペックな異性との出会いだけに絞り込んで婚活をされている方もいます。

一方、婚活サイトは20代の会員も多いため、全体の平均年収は下がりますが、男性人気会員の年収は600万層が厚いです。

婚活サイト「ブライダルネット」の平均年収

婚活サイト「ブライダルネット」の年収分布

出典元:ブライダルネット

坂本です
男性は女性の年収にそこまでこだわりませんが、女性は結婚、出産後の生活を考え、男性に600万以上を求める方が多いのです。

 

婚活サイトと結婚相談所
自分に合っているのはどっち?

お互い、目的が恋愛ではなく結婚なので、話が進むのが早いです。

30代後半になると、妊娠出産に対するリミットも後押しの一つ。

予め異性のプロフィールがわかった上で出会える婚活サイトや結婚相談所は、 リミットがある場合には時間の無駄がなく合理的です。

婚活サイトと結婚相談所の会員の違いは、結婚に対する勢いと焦り度です。

坂本です
婚活サイトには、お付き合いしていく中でお互いを知り、

『いつか結婚に結びついたら、

それはそれで素敵だなあ』

くらいの感覚で、結婚を急いでいない人も沢山います。

また、婚活サイトの場合は、会費の安さから在籍歴も長くなりがちです。

これは、軽い付き合いを求めているという意味ではありません。

ゆっくり考えたい」と考えている方が多いという意味です。

また、そもそも結婚願望がない方も中にはいらっしゃいます。

 

一方で、結婚相談所のゴールは明白に結婚です。

吉田
入会から成婚までの平均は8〜12か月、半年で結婚を決める方々も多いです。

実際、最初のデートで結婚観を語り合い、

出会って1か月後には両親に挨拶、

2か月後には婚約し、

半年後には新居を探し、

10か月以内に入籍、そして挙式を迎える人も珍しくありません。

金銭面から考えると、あなたがまだ20代〜30代前半で、ゆくゆく結婚を考えたいという立場であれば、まずは手軽な婚活サイトから始めてみても十分です。

結婚までに費やせる時間、予算と、あなたの目的に合わせて選びましょう。

 

婚活サイトと結婚相談所の出会いまで仕組みの違い

婚活サイトでも、結婚相談所でも、

  1. 自分のプロフィールを作成
  2. お相手への条件を決めて検索
  3.  お互い相手に興味がありマッチングすればデートをしてみる

というところは同じです。

大きく違うのはコーディネーターの有無です。

結婚相談所のコーディネーターて何してくれるの?

パートナーエージェントの“専任”コンシェルジュ

パートナーエージェントの専任コンシェルジュ

出典元:パートナーエージェント

コーディネーター、仲介人など各社により呼び名は様々ありますが、結婚相談所では、あなた専任のコーディネーターがついてくれます。

あなたの魅力を引き出すプロフィール作成のお手伝いをし、生涯のパートナーとして、あなたの理想にマッチングする会員のリストを出してくれます。

要はお膳立てを全てしてくれるのです。

吉田
何度マッチングしてデートしても恋が出来ず、活動不振になっていると、コーディネーターがモチベーションをあげる為に背中をおしてくれ、恋が実るように親身になって相談にのってくれます。

各社によりコーディネーターの役割は若干違ったり、内容によっては追加料金がかかるところもありますが、大まかにコーディネーターは下記のようにあなたをサポートしてくれます。

  • プロフィール登録のお手伝い
  • 登録 ~ 出会い ~ 結婚までの目標と計画のアドバイスをしてくれる
  • お相手へのメールの書き方、デートの誘い方、プロポーズについて相談にのってくれる
  • 恋愛相談にのってくれる
  • 破談になってもすぐに次の出会いを紹介してくれる
  • 初デートのセッティングをしてくれる
吉田
恋愛に奥手で、異性へのアプローチの仕方やデートの誘い方に自信がない方、婚活サイトで活動してみたけど、マッチングした後、デートまでどのように運んだらいいのか分からない方は、結婚相談所の利用を検討してみるのがいいですね。

コーディネーターがあなたの味方になってくれます。

婚活はダイエットと同じで継続が大切です。

失敗しても、次に進む切り替えとスピードが必要なのです。

しかし、コーディネーターの働きが高額な会員費の主な要因ですので、婚活サイトでそこそこマッチングしデートまでこぎつけることができる方には必要ないでしょう。

結局、ポイントは婚活サイトでも結婚相談所でも、最終的にお相手と付き合うか、結婚するかはあなたの意思次第です。

婚活サイトで出会いがあるうちは、リーズナブルで継続しやすいため、あなたの培ってきた恋愛ノウハウを信じて婚活サイトで活動するのも一つです。

 

婚活サイトと結婚相談所 身元保証から活動開始までの流れ

多くの婚活サイトは、免許証などの身元保証だけで登録でき、それ以上の証明書は不要、もしくは任意になります。

お付き合いを始めてみたら、実は既婚者だったというケースも聞きます。

また、年収は自己申告であり、保証されていません。

結婚相談所の場合は簡単には登録できません

  • 独身証明書
  • 給与証明書
  • 在籍証明
  • 卒業証明

など、結婚相談所の会員になるにはこれらの提出が必要なので、プロフィール内容が保証されています。

吉田
結婚相談所というと、お見合いの様なイメージで両親の理解が得られやすいのが良いですね。

結婚相談所から送られてきた異性のプロフィールを、まず親に見せる方もいて、家族公認の婚活も今や珍しくありません。

坂本です
婚活サイトはお見合いと言うような重さがなく、 日常生活で仕事が忙しく、出会いのない男女が、もっと気軽に出会えます。

結婚相談所のように、コーディネーターとのカウンセリングに時間が取られることもないので、特にマイペースで進めたい人にはおすすめです。

吉田
たしかに、結婚相談所の中には、店舗に出向かないとプロフィールが見れないところもあり、 時間が取れない忙しい社会人には、婚活を続ける事自体がストレスになってしまうこともありますね。
坂本です
婚活サイトでも、男女ともにほとんどの方が真剣に婚活をされています。

昼休みや通勤時間など、ちょっとした隙間時間に、毎日コツコツ活動出来るのが継続できるポイントであり、利点です。

登録は基本的に無料なので試しに登録しておくだけでも全然違いますね。

 

友人に内緒で婚活するには?

ある程度の年齢になると、仕事でもそれなりのポジションにつく方も多いでしょう。

仕事のつながりによる出会いを意識的に避け、内緒で婚活をしたい方もいるはずです。

しかし、婚活サイトでは知り合いに見つかる可能性があります

坂本です
ペアーズ」などでは、Facebook上で繋がりのある方はリストに出てこないようになっています。

ですが、Facebookを積極的に利用していない人や、また利用していても会社の取引先まで登録していない人だと、リストに知人が出てきたり、逆に自分を発見される可能性もあります。

吉田
結婚相談所の場合は、条件に合うプロフィールのお相手を、コーディネーターが選んで紹介してくれます。

閲覧権限もコーディネーターと細かく打合せが出来る点は安心です。

また、結婚相談所では、会員向けのパーティやクッキングクラブなど、イベントも沢山用意されています。

合コンのように、友人の手を借りる事なく活動出来るのはいいですね。

 

婚活サイトと結婚相談所の違いはわかりましたか?

どちらにも良い面があります。

まだ婚活をスタートしていない方は、まずは婚活サイトを使用してみてから、結婚相談所の無料カウンセリングを受けてみることをお勧めします。

両方の仕組みを知った上で、どちらを選ぶかは、あなたの目的やライフスタイル次第。

  • 結婚がしたいのか、恋愛がしたいのか。
  • 結婚したいならいつまでにしたいのか。
  • ある程度の期間継続することを前提にした予算はいくらなのか。

それらを考慮した上で、あなたに合う婚活方法を見つけてください。

 

今はネットの出会いが一番おすすめです

20代30代におすすめの婚活サイト比較

もしかしてまだアプリの出会いはチャラいと思っていませんか?

今や20代・30代、それ以上の世代もネットで出会って結婚することが普通になってきています。

休日の繁華街で石を投げると、マッチングアプリで待ち合わせをしている人に当たると言っても過言ではありません。

それくらいみんな、なんらかのマッチングアプリ・婚活サイトをやっているのです。

男女ともに登録無料なので、良いお相手と出会いたいならまずはインストールしてみることをおすすめします。

-結婚相談所

Copyright© 結び糸 , 2018 All Rights Reserved.