ネット婚活は危険?詐欺の手口とトラブル・騙されないために気を付けること

更新日:

スマホやパソコンを使い、いつでも誰でも手軽に始めることができるネット婚活は、近年利用者がますます増加しています。

しかし、ネット婚活は簡単に始めることができるが故にトラブルや詐欺も多発しており、心配な点もあります。

今回は、ネット婚活の危険性やトラブルや詐欺を回避する方法についてご紹介致します。

騙された!ネット婚活のトラブルに注意

サクラにあった

サクラは基本的には婚活サイトの運営側によって雇われています。

サクラと一言で言っても、ただ会員数を増やすだけのためのサクラから詐欺を働こうとするサクラまでいます。

会員数を増やすためのサクラは、異性にモテそうなプロフィールで、適当に異性とのメッセージ交換をして、会う約束まで行き着かずに連絡が途絶えてしまうパターンが多いです。

会員数を増やすためのサクラであれば、時間の無駄にはなりますが、大きな被害とまではいかない点はまだマシですが、詐欺を目的としたサクラは要注意です。

相手と感情がずれていた

婚活サイト内での出会いではまずはサイト内でのメッセージのやり取りとなります。

そのため、相手の表情や本心を見抜くのはとても難しく、自分は「いい感じ」と思っている一方、実は相手は全く自分に興味がなく、最終的に冷たくあしらわれて傷つくと言うケースがあります。

逆にメッセージをやり取りしている中で、自分は相手に興味がなくなったけど、断るタイミングを逃して曖昧な態度でズルズル連絡をとってしまい、相手が勘違いしてしまったと言うケースもあります。

いずれにせよ、相手と直接会えないネット婚活では、相手との感情や考えがずれていることに気付かず、最終的に自分が傷ついたり、悪気なく相手を傷つけてしまったというトラブルがあります。

相手のプロフィールが嘘だった

相手のプロフィールが嘘だったと言うトラブルも多発しています。

プロフィールの嘘には小さな嘘から、絶対に許すことができない大きな嘘まで幅広くあります。

例えば、身長を数センチごまかしたなど少し見栄を張る程度の許せる嘘であれば問題はありませんが、年収400万を800万と偽ったり、既婚者であるにも関わらず独身のふりをするなどの嘘は絶対に許せません。

吉田
私の友人は、ネット婚活を利用して出会った男性と初デートしたときにプロフィールに載っていた写真とは別人だったと言っていました。

もちろん人間を外見で判断する訳ではないですが、自分好みの顔の人だと思っていたのに、全然違う人が来たらやはりショックですよね。

このようにもしネット婚活で出会って好きになった人が嘘のプロフィールであったことに気付いたとき、とてもショックですし、残念な気持ちになります。

突然音信不通になった

ネット婚活で出会い、何度かメッセージのやり取りもして、もうすぐ会うと言う段階まできたのに、いきなり音信不通になってしまうと言うケースがあります。

音信不通になる主な理由としては、

  • サクラだった
  • 他に気になる人ができた
  • 会うのが面倒になった

などの理由がありますが、いずれにしてもいきなり音信不通になれば、心はすごくモヤモヤします。

合コン、紹介、お見合いなどの共通の知人がいる通常の出会いとは異なり、ネット上でのやり取りしかできないネット婚活では、音信不通になってしまったら、それ以上、連絡を取ることはできず、音信不通になった理由すらさぐることが困難な場合が多く、いつまでも引きずってしまうことがあります。

体目的だった

メッセージのやり取りがうまくいき、やっと初デートになったと思えば、初デートでいきなりホテルに誘われたなんてことがあります。

初デートでいきなりホテルや自宅に誘ってくる人はただの体目的です。

もし本当にあなたと真剣に交際をしていきたいと考えている人はいきなり体の関係を求めてくることはないでしょう。

誘いをうまく断れたらまだ良いのですが、最悪の場合、無理やりと言うケースもありますので、もし初デートで少しでも怪しいと感じたら、人気の少ない場所へ行ったり、長時間デートすることは必ず避けましょう。

ストーカーにあった

婚活サイトで出会った人は共通の知り合いがいないため、初めから相手の本質を見極めるのは難しいです。

本質が分からないため、優しいくていい人と思っていた人が、交際の申込みを断った後にストーカーに豹変したと言うトラブルがあります。

ストーカー被害にあわないためにも安易に自分自身の携帯番号や住所などの個人情報は言わないようにして下さい。

 

婚活サイトでよくある詐欺・手口

結婚詐欺

本気で結婚相手を探している人を利用するとても悪質な詐欺の1つとして結婚詐欺があります。

婚活サイトには嘘のプロフィールを載せ、幾度かメッセージやデートを重ね、結婚の話を持ちかけます。

相手のことを好きになってしまうと冷静な判断ができません。

結婚できると浮かれているときに、例えば

男性
親が事故をして多額のお金を払う必要があるので、助けて欲しい。
男性
仕事で大きなミスをして、大金を支払うことになったが、足りないので貸して欲しい。

などと言われれば、助けてあげたい一心でお金を出してしまう人がたくさんいます。

お金を払ったら最後、その後、連絡が取れなくなり、結婚の話がなくなっただけではなく、お金を騙し取られて絶望のふちに追いやられてしまいます。

有料サイトへの誘導

サクラとして雇われている人がよくやる詐欺の手口ですが、婚活サイト内で何度かメッセージのやり取りをした後に、例えば

男性
これからはメッセージのやりとりをLINEでしよう。

などと誘ってきます。

その後、LINEのやり取りが続いたとあるタイミングで、URLを貼り付けて外部の有料サイトへ誘導してくると言うパターンが数多く報告されています。

有料サイトに誘導されたことに気付かずにアクセスし、登録してしまうとお金の請求がきてしまいますので、いきなり関係のないURLが送られてきたときには絶対に開かないようにして下さい。

 

トラブルと詐欺を回避しよう!

先ほどまで、ネット婚活の危険性についてご紹介しました。

もちろん危険があることは念頭にはおいて頂きたいですが、実際ネット婚活で交際や結婚に至ったカップルはたくさんいますので、ネット婚活はうまく利用すれば、本当に良いものです。

トラブルや詐欺に合わないためには、「危険な婚活サイト」に登録しないことです。

真剣に恋愛をしたいと思っている人がたくさん登録している婚活サイトを利用することで、良い人に出会える可能性はとても上がります。

では、「安心できる婚活サイト」の選び方についてをご紹介致しますので参考にして下さい。

身分証明提出が必須

婚活サイトによって登録方法は異なり、証明書なしで簡単に登録できるものもあれば運転免許証や健康保険証などの身分証明を提出しなくては登録できないものがあります。

やはり、身分証明を提出しなくても良い婚活サイトは誰でも簡単に登録ができるため、サクラが多かったり、遊び目的の人が多く出会いの質は悪くなってしまいます。

一方、身分証明が必要な婚活サイトでは身元がばれてしまうため、遊び目的の人の登録は少なくなりますので、身分証明書提出が必須の婚活サイトを選びましょう。

身分証明が必要な婚活サイトは

などです。

会員の男女比がほぼ同じ

会員の男女比が同じくらいである婚活サイトは安心できます。

なぜなら、サクラがいる可能性が低いからです。

例えば、男性:女性=2:8の婚活サイトがあったとします。

男性からすれば、たくさんの女性が登録しているので、出会いのチャンスが多くあるように思ってしまいますが、女性の中にはサクラがたくさん存在していますので気を付けて下さい。

会員の男女比がほぼ同じの婚活サイトは

などです。

信頼できる大手の婚活サイトを利用する

現在、無数の婚活サイトがありますが、しっかりと信頼できる婚活サイトを選ぶことで、トラブルに巻き込まれる確率は下がります

特に大手のサイトで会員数が多ければ多いほど、信頼しても良いでしょう。

会員数が多いということはそれだけその婚活サイトを使っている人が多いので、サクラを雇う必要がないため、サクラに出会う可能性が低くなっています。

大手の婚活サイトの中でも、運営年数が長いサイトほど、安心できますので、その点も婚活サイトを選ぶポイントにしましょう。

また、婚活サイトを選ぶポイントとして、もう1つ、プライバシーマークを取得している運営会社は利用者の個人情報をしっかりと管理しているので、安心できます

プライバシーマーク

出典元:JIPDECプライバシーマーク制度

プライバシーマークを導入している婚活サイトは、例えば、

などがあります。

小野ちゃん
プライバシーマークを導入しているか否かは、それぞれの公式サイトを見れば分かります。

これからサイト登録する際にはぜひ確認してみて下さい!

 

トラブルや詐欺にあったときの対処法

婚活サイトでトラブルや詐欺にあうと、とてもショックですし、どうして良いか正しい判断ができなくなります。

周りに婚活サイトを利用していたことがばれるのが嫌だから、誰にも相談できずに苦しむ人もたくさんいます。

一人で悩むのは本当に辛いので、万が一トラブルや詐欺にあった時は、勇気を出して、周りに相談しましょう。

信頼できる友人や家族に相談する

もし婚活サイトでトラブルや詐欺にあった場合は、まず信頼できる友人や家族に内容を打ち明け、相談しましょう。

トラブルや詐欺にあった時は誰でも気が動転してしまうため、冷静に判断できないため、周りからの客観的な意見をもらうことが重要です。

弁護士や専門家に相談する

友人や家族に相談しただけでは解決できなかったり、多額のお金を騙し取られた場合は、一度弁護士や専門家に相談してみて下さい。

私たち一般人は法律に関する詳しいことは全く分からないので、トラブルや詐欺に対してどのように対処するのが正解か判断できません。

吉田
私の知人も婚活サイトで多額のお金を騙し取られた女性がいますが、弁護士に相談したことで、解決策が見つかり、とてもスッキリしたと言っていました。

警察に相談する

詐欺は犯罪の一種です。

明らかに詐欺にあった時は警察に相談しておくのが得策です。

警察に行ったからといって犯人が捕まったり、騙されたお金が戻ってくる可能性はそこまで高くはありませんが、少なくとも、同様の被害の再発防止にはなります。

 

ネット婚活で気をつけること4つ

(1)プライバシーは自分で守ろう

まず基本として、自分の身は自分で守りましょう!

本名を安易に教えない

ネット婚活では、たいていは、まずニックネームやイニシャルで自分の名前を公開します。

そのため、ネット婚活で知り合った人とは、まずはニックネームでお互いに呼び合うことが多いですが、メッセージ交換を繰り返すと、本名を聞いてくる人がいます。

ですが、安易に教えるのはやめましょう。

本名を教えると、例えばFacebookやInstagramなどのSNSを利用して、あなたのことを勝手に検索される可能性があり、知られたくないことをいつの間にか知られてしまうということがあります。

会ったこともない人に、勝手に自分のことを調べられたり、知られたりするのは怖いですし、良い気分はしませんよね。

よって、もし本名を教えるのであれば、初デートをして、相手の人がしっかりと信頼できると確信してからにしましょう。

個人情報を公表しない

ネット婚活をすると、婚活サイト登録時に個人情報を入力します。

婚活サイト登録後には、自分のプロフィールの公開設定ができますが、詳しい個人情報はなるべく公表しないようにしましょう。

小野ちゃん
例えば、住んでる場所について、市町村まで公表するのは問題ありませんが、その後の細かい住所を公表したり、電話番号やSNSアカウントを公表するのは絶対にやめましょう。

もし、あなたのことを気に入った異性が少しストーカー気質であれば、つきまとわれる可能性がありますし、その他、詐欺などに個人情報を使われる危険があります。

 

(2)相手をしっかりと見極めよう

自分の身を守りながら、婚活サイトで知り合った異性が問題のない人であることをしっかりと見極め、相手選びをしましょう!

サクラに騙されない

ネット婚活の中には、サクラが潜んでいる可能性があります。

サクラは、婚活サイトの人数調整や、集客のために登録しているだけですので、本当に婚活に興味がある人ではありません。

そのため、サクラに好意を抱いてしまっても、時間と労力の無駄になってしまいます。

坂本です
サクラの人は、モデル並みに素敵な容姿であったり、メッセージのやり取りをしてもレスポンスが悪いのが特徴です。

何か相手に違和感を感じたら、連絡を取るのをやめましょう。

詐欺に合わない

婚活サイトの中には、外部業者や、個人による詐欺者が混ざっている場合があります。

外部業者による詐欺の場合、他の有料サイトへ誘導したりしてきますので、いきなり見覚えのないサイトのURLが送られてきたら、詐欺目的である可能性が大きいので、絶対にアクセスしないようにして下さい!

また、個人による詐欺では、結婚詐欺目的の人が多く、親しくなった後、「お金が必要になった」などと言ってきます

このような詐欺者に出会ってしまった場合は、速やかに連絡を取るのをやめ、被害に合わないようにしましょう。

坂本です
詐欺目的の人は、サクラとは逆にメッセージのレスポンスが非常に良いんです。

また、優しくてとても感じの良い対応をしてくるのが特徴です。

遊び目的の人を選ばない

特に男性は、女性の体目的で婚活サイトに登録している人がいます。

婚活サイトで知り合った女性とは共通の知り合いもいないので、遊びだけの関係作りにとても適した環境となっています。

吉田
遊びで付き合って、飽きたら捨てる、というパターンだから、もし遊び目的の人に捕まってしまえば、必ず傷つきます。

本気で好きなった相手だったのに、遊ばれていたと分かったら、とてもショックで、きっと、すぐには立ち直れません…。

遊び目的の人はめんどくさいことは嫌がるので、とにかく早く会いたがります。

ほんの数回しかメッセージのやり取りをしていないにも関わらず、会おうと誘ってくる人には注意しましょう。

また、一夜限りの関係を望んでいる男性は、初デートに居酒屋などのお酒が飲めるお店を選び、「酔った勢いで」というのを狙っていることがありますので、行き先に居酒屋を提案された場合は、他のお店を提案してみて下さい。

既婚者に騙されない

先ほど紹介した『遊び目的』同様、本気の恋ではなく、既婚者が「少しだけ恋愛ごっこをしたい」と思って婚活サイトに登録している場合があります。

もちろん、そういった人は、婚活サイト上では『既婚者』であることは隠します。

小野ちゃん
休日の予定など、あまりにもプライベートについて話をしない人は、既婚者の可能性があるので、注意して下さい!

 

(3)初デートは気を抜かない

見知らぬ人と2人きりで会うということは、それなりのリスクが発生します。

婚活サイトで知り合った人との初デートには気をつけましょう。

人気の少ないところに行かない

詐欺目的や遊び目的の人は、人気のないところでのデートを好む傾向にあります

詐欺をするのであれば、会話の内容を周りの人に聞かれたくありませんし、遊び目的の場合も、人気のないところの方が誘いやすくなります。

ごく稀ですが、相手の人がお金を恐喝してくるという可能性もあります。

とにかく相手が本当に信頼できる人であると確信が持てるまでは、たくさん人のいるところへ行くようにして下さい!

お酒は飲まない

初デートは緊張をするので、お酒を飲んで緊張を緩和したいという方がたくさんいますが、ネット婚活で知り合った人との初デートでは、お酒は飲まないようにしましょう。

遊び目的の人は、相手を酔わせて、言葉巧みに体の関係を求めてきます。

要注意!!

お酒を飲むと、物事の判断能力が下がり、言われるがままに体の関係を持ってしまい、翌日、正気に戻ったときに後悔してしまう場合があります。

また、遊び目的以外でも、酔って寝てしまったことで、その間に金品を盗まれるというトラブルもありますので、初デートでは絶対にお酒を飲むのはやめて下さい。

安易に車に乗らない

初デートのときは、公共交通機関で移動しましょう。

例え相手が車で来ていても、安易に乗ってはいけません!

小野ちゃん
車という密室空間では、何かあったときに逃げることは難しいですし、変な場所に連れて行かれるというトラブルに繋がる可能性があります。

短時間のデートにする

初デートは2~3時間の短時間で終わらせましょう

食事やお茶に行く程度の軽いデートがあたりさわりがなく、オススメです。

坂本です
ネット婚活で知り合った人と、長時間一緒にいるのはお互いに疲れます。

今後、もっと親しくなりたいと思うのであれば、初デートは短時間で終わらせた方が『もっと一緒にお話ししたい』みたいな名残惜しい気持になって、次回のデートにも繋がりやすくなりますよ!

 

(4)相手の情報を集める

ネット婚活では、相手のことが分からないというのが、最も不安な点ですし、トラブルのもとです。

そのため、良いなと思う相手がいれば、とにかく相手の情報を集めるようにしましょう。

では、具体的にどのようなことを相手に聞くと良いかをお教えしますので、参考にして下さい!

プロフィールを深堀する

サイト上に記載されている相手のプロフィール内容について、深堀してみましょう!

例えば、プロフィールで空欄のところがあれば、その内容について訊いてみると良いです。

血液型が空欄になっていれば

女性
血液型は何型ですか?

と質問してみたり、

仕事内容が空欄になっていれば

女性
お仕事はどんなことされているんですか?
女性
どのあたりで働いているんですか?

と訊いてみて下さい。

質問の回答をくれなかったり、曖昧な答えである場合は、自分のことを隠している可能性があるので、少し怪しいと疑った方が良いでしょう。

休みの日の予定を聞く

ネット婚活で知り合った人とメッセージのやり取りをしていると、「今日はどんなことをしていたか」という会話は自然な内容になります。

そのため、休みの日は何をしているかなど、お互いに話すことはよくあることです。

私生活について、相手の人が何も言ってこない場合は、

女性
普段、休みの日は何をしていますか?
女性
今度の休みは何をする予定ですか?

などと、一度尋ねてみましょう。

明確に何をしているか答えてくれない場合、既婚者である可能性があります。

まさか、家族と出かけていたなんて答えられませんよね。

仕事内容を詳しく聞く

仕事内容を詳しく聞くことは、相手のことを詳しく知るのに良い方法です。

真剣に婚活をしていない人は、自分のことを知られたくないので、自分の仕事内容についてもあまり話したがらない傾向にあります。

小野ちゃん
相手の仕事について知ることで、相手の人間性が見えてきたり、休みの日や毎日の帰宅時間などの生活リズムを把握することができますよ。

写真を送ってもらう

婚活サイト上に相手の写真が載っていない場合は、初デートまでに顔写真を送ってもらうようにしましょう。

もし、デートの約束をしたにも関わらず、写真を送ることを拒まれたら少し不自然です。

写真を送ってくれない場合は、写真を送ってもらえるまで会わないようにして、初デートまでにしっかりと相手の信頼度を高めておくようにして下さい。

小野ちゃん
万が一、事前に送ってきた写真と違う人が現れたら要注意です!

嘘の写真を送ったということは、その人は平気で嘘をつく人なので、プロフィールや会話の内容も嘘をついている可能性が高いです。

 

ネット婚活は危険なのか?利用しない方が良い?

ネット婚活で危険な目にあったり、トラブルに巻き込まれるということは、無きにしも非ずですが、もちろんメリットもたくさんあります!

どちらかと言いますと、デメリットよりメリットを感じる人の方が多いでしょう。

吉田
私の周りにも、ネット婚活を利用して交際・結婚に至った友人はたくさんいます。

何も考えず、むやみに利用してしまうとリスクはありますが、上手に利用すれば、とても良いものなんですよ。

今回ご紹介しました『ネット婚活で気をつけること』や『危険回避方法』を参考にして、トラブルに巻き込まれないように、ご自身で注意・対策をし、ぜひネット婚活成功をつかみ取って下さい!

20代30代におすすめの婚活サイト比較
20代30代におすすめの婚活サイト比較|マッチングアプリランキング

2018年1位の婚活サイトを今すぐ見る 婚活を考えている20〜30代の結婚適齢期のかたであれば、 女性婚活サイトやマッチングアプリを使って、ステキな相手を見つけたい! と少なからず興味をもっている人も ...

続きを見る

 

今はネットの出会いが一番おすすめです

20代30代におすすめの婚活サイト比較

もしかしてまだアプリの出会いはチャラいと思っていませんか?

今や20代・30代、それ以上の世代もネットで出会って結婚することが普通になってきています。

休日の繁華街で石を投げると、マッチングアプリで待ち合わせをしている人に当たると言っても過言ではありません。

それくらいみんな、なんらかのマッチングアプリ・婚活サイトをやっているのです。

男女ともに登録無料なので、良いお相手と出会いたいならまずはインストールしてみることをおすすめします。

-婚活サイト

Copyright© 結び糸 , 2018 All Rights Reserved.