ブスは婚活サイトでネット婚活してもうまくいかない?

更新日:

吉田
こんにちは、婚活全て制覇した33歳独女です。

今回はマッチングサイトを使ったネット婚活がうまくいかない具体的な理由について考えたいと思います。

私の場合はマッチングサイトを使って婚活をしてもお付き合いに繋がらなかったので「所詮ネットの出会いだし」と思っていましたが、先日そのイメージを変えざる得ない驚くべきことがありました。

私の姉、マッチングアプリの出会いにて先日結婚いたしました。

大事なので、もう一度言います。

33歳ブス女のブスな姉、マッチングアプリの出会いにて先日結婚いたしました。

しかも驚くべきことに旦那様は180㎝以上の塩顔男子で、姉好みの人でした。

なななななななんと!!!アラフォーのお姉さま、好きな人と結婚しちゃったのです。

マッチングサイトで幸せな結婚を掴んだ姉と、「マッチングサイトなんか無いわ」と思い込んだ妹との違いは何だったのか?

マッチングサイトを使った婚活が上手くいく人と、上手くいかない人について徹底的に調べたいと思います。

マッチングサイトでうまくいかない理由と成功する秘訣

「マッチングアプリ、やっているけどうまくいかない」

私は後者の上手くいかない人でした。どうして上手くいかなかったんだろうと振り返ると思い当たることがあります。

私の過去の失敗談を重ねつつ、『マッチングアプリで成功する秘訣』について考えます。

1. 自分から「いいね」を押しましょう

ペアーズのいいね

これが一番の重要ポイントです。

上手くいかない人(私)は自分に「いいね」を押してくれた人から良い人を探すというスタンスでした。マッチングサイトにおいて「待ち」姿勢だったのです。

しかし、上手くいく人(姉)は自分から「いいね」を押していました

申し上げておきますが、私たち姉妹はブスです。

どちらもブスですが、姉は好みの異性を自分から攻め、妹は好みの異性が自分の存在に気が付いてくれることを待ちました。結果、姉はイケメン男子を捕まえました。

自分の好みの人がいれば、自分から攻める!

女性から攻めることが有効なことは具体的な調査でも出ています。「草食男子」論は健在のうえ、「肉食女子」は実は人気なのです。2009年調査「草食男子」60%!

肉食女子についてどう思う

出典:パートナーエージェント

また公式サイト「ゼクシィ縁結び連載」スペシャル座談会でも「男性が消極的⁈婚活業界の課題と解決策のヒント」でも述べられていました。

貝瀬:ゼクシィが婚活サービスを始めたのは3年前ですが、佐藤さんが仰る通り、カスタマー層が広がった印象は強いですね。

ただ、やはり内向的な方は多くて、約6割の男性がアプローチの際に何かしらのサポートやアドバイスを受けている。それはネットでもリアルでも変わらないです。

引用:リクルートマーケティングパートナーズ

婚活男性のおよそ3人のうち2人は「消極男子」「草食男子」のようです。

つまり女子から「いいね」という背中を押してあげる必要があったのです!

  • 上手くいく人「肉食女子」
  • 上手くいかない人「草食女子」
吉田
自分から「いいね」を押すことは勇気がいりますし、「私なんか無理だろうな」「年齢的にキツイかな」とむくむくネガティブが出てきますが、ここはいっちょ肉食になりましょう。

 

2. 笑顔の写真を載せよう

吉田
マッチングサイトでは写真を掲載した方がマッチング率が上がりますが、私は顔面に自信がないので写真掲載が嫌でした。

上手くいかない人(私)は自分の笑顔に自信がありません。

なので「笑顔だけどちょっと遠くからの写真」にしていました。

しかし、上手くいく人(姉)は「友達とわっちゃーって笑っている笑顔」を掲載していました。

上手くいく人(姉)は楽しさが伝わるような思いっきり笑顔の写真を選び、上手くいかない人(私)は自分に自信がないから遠目の笑顔の写真を選びました。

笑顔は男性の心を掴みます。

出典:eltha

笑顔に自信がない?私だけだと思っていたら、なんと75.5%の女性が笑顔に自信がないそうです。

出典:eltha

「笑顔ってどんなに難しいんだ!」とびっくりしたのですが、ふと思いました。

たとえば街を歩いていて「この女性の笑顔ブサイクだなぁ」「てか、ほぼ全員の笑顔ブスだな」とは思いません。

だから「自分の笑顔はダメだ」と思っているなら、それ思い込みじゃないのか!と。

そしてまた姉の結婚を通じて、もしかしたら男性はそこまで「笑顔の造形の良さ」にこだわらないんじゃないかと思いました。

笑顔の重要性をより明確にするべく、“笑顔を見せない生まれつきの美人”と、 “見た目は普通でよく笑う女性”を挙げ、「どちらが魅力的だと思いますか?」と質問しました。

すると、“見た目は普通でよく笑う女性”を選んだ男性の方が78%と多く、笑顔は生まれつきの美人にも勝るということが明らかになりました。

引用:ValuePress!

「笑顔美人」といわれると自信ない…となりますが、これは矯正歯科業界の調査ですからね。

ここで注目すべきは「笑顔が素敵な女性に抱く印象」が「可愛い」よりも「明るい」なんですよ!

つまり、76%の男性は「笑顔」は「可愛いから好き」よりも「明るいから好き」なのですね!

  • 上手くいく人「明るい笑顔の写真を掲載する」
  • 上手くいかない人「遠目の笑顔の写真を掲載する」
吉田
笑顔が「可愛い」「可愛くない」よりも「その笑顔を見た人も楽しくなるような明るい笑顔」が魅力的なのではないでしょうか?!

 

3. 自己紹介は丁寧に書こう

マッチングアプリで写真と同様重要なのは、自己紹介・プロフィールです。

ここで人柄や誠実さが表れるので丁寧に書いた方がいいですね。ここは上手くいかない人の私も丁寧に書いたので、そこそこの成果が得られました。

今どきの独身男性が結婚相手に求める条件は「性格(55.3%)・価値観(49.2%)・好み(46.9%)が合う人。今求められるのは“三合”女性」なので、自分の好みや価値観もしっかり書いた方がいいのではないでしょうか。

 出典:パートナーエージェント

「三合」は「年下」「見た目」「料理ができる」よりも上位にあるんですね。

吉田
姉の旦那さんも、プロフィールで「好きな映画」が同じだったため「会ってみたい」と思ったようです。

あともう一点、プロフィールでは「自分の情報は丁寧に、相手に求める条件はしとやかに」書いた方が良いかもしれません。

私はプロフィールではあまり相手に求める条件を書きません。

それを気に入ってくれる男性も割合に多くて、そのなかで「(登録者の女性で)あれこれ男性の条件ばかり書いている人もいて…」と言われたことがあります。

まぁ、そのアプローチの仕方どうなんだと思う点は置いておいて、条件は小出しの方がいいかもです。

  • 上手くいく人「プロフに自分のことを丁寧に書く」
  • 上手くいかない人「プロフに相手のことばかり書く」

 

4. 毎日ログインしよう

マッチングアプリの習性ですが、一定期間ログインしていないと、誰かが検索したときに「上位」に表示されなくなります。

吉田
マッチングアプリは登録者が多いので「上位」に表示されることが重要です。

一定期間ログインしていないと、相手からみても「この人、もうマッチングアプリを利用していないのかもしれない」と思われるかもしれません。

単なるログインの有無で、出会いがなくなるのは勿体ないです。

  • 上手くいく人「ログインは毎日する」
  • 上手くいかない人「ログインをさぼる」
吉田
毎日のログインは手間がかからないので、日課に「マッチングアプリにログイン」も含めておきましょう。

 

5. 自信がないなら開き直る

これは上手くいかない人(私)に一番言いたい言葉です。

吉田
マッチングアプリは登録者数も多いですし、若い女性も登録しているし、マッチングサイトOmiaiではご丁寧に「同性人気会員」を見れる機能もあって「こんな美人も登録しているのか!」と他人と比べては凹んでいました。

しかーし!「わたし」は「わたし」なのです。

ブスでも貧乳でも30歳過ぎてもこれで闘うしかないのです。

だったら、開き直って思いっきり笑顔の写真を載せればいいし、自分から積極的に「いいね」を押せばいいのだと思いました。

  • 上手くいく人「自信がなくてもやる」
  • 上手くいかない人「自信がないからやらない」
吉田
他人と比べてうじうじしてるオンナより、開き直って「アッハッハー」となっているオンナの方が魅力的なはずです。

 

今はネットの出会いが一番おすすめです

20代30代におすすめの婚活サイト比較

もしかしてまだアプリの出会いはチャラいと思っていませんか?

今や20代・30代、それ以上の世代もネットで出会って結婚することが普通になってきています。

休日の繁華街で石を投げると、マッチングアプリで待ち合わせをしている人に当たると言っても過言ではありません。

それくらいみんな、なんらかのマッチングアプリ・婚活サイトをやっているのです。

男女ともに登録無料なので、良いお相手と出会いたいならまずはインストールしてみることをおすすめします。

-婚活サイト

Copyright© 結び糸 , 2019 All Rights Reserved.