目的別!出会い系サイト・マッチングアプリの男性向け最新ランキング

投稿日:

出会い系のサイトやアプリは無数に存在し、次々と新しいサービスが誕生しています。

恋活から婚活、遊び相手を探すためマッチングサービスを利用してみようと考えていても、それぞれの特徴が分からず、どれを使えばいいか悩んでいる人も多いのはないででしょうか。

この記事では、スタービーチ・Mコミュ時代から15年間にわたって出会い系を使い続けてきた私が、出会い系サービス初心者さんにも分かりやすく、自分に合った理想の相手を見つけられるポイントやおすすめサービスを、目的別にそれぞれ3つずつ紹介していきます。

更に、女性にウケのいい写真を選ぶコツや、サクラ対策についても説明しているので、身につけておけば安心安全にサイト・アプリを利用でき、すぐにモテる人気ユーザーになれるはずです。

出会い系サイト・アプリを選ぶポイント

まずは、どんなサービスを選んだらいいか、選ぶポイントについて説明していきます。

特に初心者の場合、検索して上位に表示されたサイトやアプリをとりあえず使ってみるという考えの人が多いですが、しっかり自分の目で確認してから利用するように気をつけましょう

出会いの目的に合ったサービスを選ぶ

マッチングサービスには、それぞれコンセプト対象ターゲットが設定されています。

それが自分の目的、求める相手との関係に合っていなければ、あなたがいくら魅力的な男性であってもステキな出会いは期待できません。

例えば、遊び相手がほしい20代の場合、結婚を目指すサービスを利用しても相手にされないのと同じです。

騙してまで相手を探すのはサクラや詐欺と同じことなので、きちんと自分の目的に合ったサービスであるか確認してから登録しましょう。

 

自分に合った課金システムのサービスを選ぶ

出会い系サイト・アプリの多くでは男性の場合、有料で利用するものがほとんどです。

しかし、その中でも、

  • 従量
  • 定額従量
  • 定額

といった課金システムがあり、サービスによって異なります。

この違いもしっかり確認しておかないと、後になって考えてもいなかった料金を支払わなければいけなくなるので注意しましょう。

それではひとつずつ説明していきます。

従量(ポイント制)

YYC、ワクワクメール、ハッピーメール、PCMAXなど、多くの出会い系サービスが採用している方法で、登録は無料でできます。

例えば、1ポイントが約10円と設定され、メッセージ送信に50円、プロフィール画像を閲覧するのに20円というように利用内容によりポイントが減算されるのです。

要注意!

その都度ポイントをチャージして利用する課金システムとなっており、きちんと管理しておかないとついつい使いすぎてしまう危険性もあります。

男性
じっくりプロフィールを確認したい。
男性
メッセージでやり取りをしっかりしてから出会いたい。

と考える人は高額になる可能性があるので十分注意しましょう。

定額+ポイント制

基本的には定額で利用できるサービスです。

月額料金の他に、検索上位に表示されたり、アピールできる「いいね」の上限が増えたりと有利になるオプションを有料で利用することができます。

20代を中心とした若い世代に人気のペアーズやOmiai、whit、タップルなどのサービスがこの課金方法です。

女性も課金するサービスがあるので、真剣な出会いを求めている人が多く集まります。

基本の定額料金だけも使い方次第では十分出会えますが、多少「課金した者勝ち」といった仕組みになっているので、ここぞという時はオプションを上手に使いアピールしましょう。

定額

主に結婚を目指したブライダルネットや、ゼクシィ縁結びなどの婚活サービスに多く見受けられます。

追加料金は発生せず、定額制プランが一般的です。

料金は1ヶ月から12ヶ月までのプランが用意されているサービスがほとんどで、12ヶ月プランを選べば月額が抑えられお得になります。

男女ともに同じ料金設定なので、将来を真剣に考えられる女性を探している人や、追加料金を気にせず利用できるサービスを探している人にはぴったりです。

 

安心安全に利用できるサービスを選ぶ

この記事で紹介してあるサービスは安心して利用できるサイト・アプリばかりですが、中には管理体制が雑で怪しいものもあるので注意が必要です。

安全性を判断するには、以下6つのポイントを参考にしてみてください。

  • 運営実績
  • 身分証明の提出
  • 運営元情報・規約の確認
  • 不自然な口コミがない
  • 厳重なセキュリティ体制
  • プライバシー厳守対策

長年の実績があるサービスだと、それだけの期間、しっかりユーザーに認められている証でもあります。

年齢確認をしたり、場合によっては免許証や独身証明書などの提出が求められるサービスがあるので、その点も確認しておきましょう。

サイト・アプリ内で利用規約や運営元情報が掲載されているかも把握し、目を通しておくと安心です。

そしてOmiaiやペアーズなど、Facebookを利用した恋活・婚活サービスでは、実名や友だちがマッチング候補として表示されないか確認しておく必要があります。

ポイント

口コミも全てを鵜呑みにしろとは言いませんが、客観的に見て過剰に評価しすぎたり、理不尽なマイナス評価がないか見てみましょう。

不自然に褒めまくる場合、サクラや詐欺などが潜んでいる可能性があります。

逆に一方的なアンチコメントは、ユーザーの質を疑うので、あまりいい出会いが期待できません。

もちろん何事においても完璧というのは難しいので、神経質に考える必要はありませんが、サービス選びで迷ったら参考にしてみてください。

 

利用している会員数の多いサービスを選ぶ

アクティブユーザーが多いということは、出会いのチャンスが広がるということです。

認知度が高かく、爽やかなイメージのサービスであれば、嫌悪感や抵抗感も少なく女性が利用しやすくなります。

女性会員が多いということは、まさに出会いの幅が広がるので効率的に好みの相手と出会うことが可能なのです。

公式サイトなどには会員数が表示されている場合がありますが、そこに表示される会員数の定義が異なるので注意しましょう。

具体的に説明すると、あるサービスでは累計数だったり、ログインして活動しているユーザーだったりさまざまです。

現在、活動している会員を確認できない場合もありますが、この記事で紹介するサービスは全国的に活動的なユーザーがたくさんいるので安心して利用できます。

 

無料で出会いたい人向けの出会い系ランキング

完全無料で理想の相手と出会える?

男性の中には、

男性
できれば無料で出会いたい。1円も払いたくない。

と考える人もいるでしょう。

しかし、結論からいうと出会い系サービスにおいて、完全に無料で女性と知り合うというのはとても危険です

要注意!

安全に利用するには、運営がしっかりとセキュリティ対策を行う必要があります。

しかし、ユーザーからの支援がないとそれを保つことが難しくなるのです。

もしくは、たくさんのユーザーに利用してもらい、個人情報を抜き取り転売したり、他の高額サービスを契約させる窓口となる場合もあります。

以上の点から、あまり無料にこだわりすぎると危険な目に遭う可能性があるので注意が必要です。

どうしても無料で利用したいと考えるのであれば、一部のヘビーユーザーがしっかりお金を落としてくれている大手サービスを探しましょう。

そうすることで、安全面も保障され女性も利用しやすくなるので、結果的に出会いやすくなるのです。

女性は完全無料で使いやすく、一昔前の出会い系=「危険、怖い」や「いかがわしい」といったイメージが感じられず、爽やかな印象を受けます。

そのため、女性ユーザーが多く気軽に出会いを求めるにはピッタリです。

そんな無料でも出会いやすい出会い系サービスを3つ紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

第1位:ハッピーメール

料金(1メッセージ送信) 会員数 女性の主な年齢層 男女比
男性 50円 1700万人 20代前半 7 3

①最大級の老舗マッチングサービス

2000年から運営している老舗の出会い系サービスです。

ハッピーメールでは24時間365日、人の目と自動管理によりセキュリティ対策を行っています

全国の女性会員を調べてみると、アクティブユーザーが1ヶ月約7万人と出会い系の中でもかなり多く、新規登録者も月に2万人近くいることが分かりました。

安心して利用できるので多くのユーザーが集まり「3ヶ月でデートまでできた」「すぐに可愛い女性と出会えた」という口コミもあります。

公式サイトでも出会える確率は74.5%と広告を出している高実績の優良サイトで、上手に使えば完全無料で出会えるかもしれません。

②可愛く、美人な女の子が多い

ハッピーメールは日本最大級のマッチングサービスで実績もあります。

2018年には映画「ハッピーメール」の制作に協力しているため、女性の新規会員も更に増え、出会いを求める若く可愛い女性が多く利用している印象です。

実際、口コミや体験談では「可愛い大学生と出会えた」「そこそこ美人とデートできた」といったコメントが見受けられたので、十分期待できます。

③無料でも会える機能が充実

ハッピーメールにもさまざまな機能があり、掲示板は1日1回無料で投稿できます。

また、特におすすめなのが日記コンテストです。

いずれも無料で利用できるので、消費ポイントを抑え、工夫しながら出会いを広げることができます。

具体的な活用法は、自分でも日記を投稿してみたり、気になる相手の投稿にコメントをしてみることです。

また、コンテストには、

  • 写メコン
  • グルメコンテスト
  • ネイルコンテスト

などさまざまなテーマで開催されています。

そのコンテストに自ら参加して、更新ユーザーに表示されるようになれば注目度は必然と上がり、自分からPRしなくても相手からアプローチしてくれるようになるのです。

デメリット

ハッピーメールではプロフィール画像に自分の写真を似顔絵にしてくれるサービスがあります。

写真を載せるのに抵抗がある人には、とても嬉しいサービスですが、実際の雰囲気を確認できません

要注意!

もちろん仲良くなれば写真を見せてくれる人もいるでしょうが、それまでは横顔や顔の一部を隠した写真すら確認できないので、気になる相手が利用していたら慎重に考えてアプローチしないとポイントをムダに使ってしまう原因になります。

 

第2位:ワクワクメール

料金(1メッセージ送信) 会員数 女性の主な年齢層 男女比
男性 50円 650万人 20代前半 7 3

①20代から30代の若い女性が多い

20代前半を中心に若い世代から人気のあるワクワクメールは、ハッピーメールと比べると全体的に女性の年齢層がバランスよく、幅広い年代のユーザーが登録しています

40代から50代の女性も多く利用しているので、中高年との出会いを求めている人にもおすすめです。

2018年にはアプリもリリースされ、さらに使いやすくなりました。

気軽に利用できる環境なので、1ヶ月に約15,000人の女性新規会員が登録している人気の出会い系サービスです。

②無料ポイントがたくさんもらえる

人気の出会い系サイトの中でワクワクメールは、無料でもらえるポイントが最も多いのが特徴です。

たとえば紹介特典を受けると、通常1,200円分のポイントが最大1,700円分と+500円もお得になります。

他には、姉妹サービスであるWAKU+(ワクプラ)というSNSに登録、プロフィール作成すると最大1,000円分のポイントがゲットできるのです。

これらを上手く利用すれば、完全無料で女性と出会えるかもしれません。

③コミュニティ機能で理想の相手を探せる

コミュニティ機能といってもペアーズやwithのような、自分の趣味嗜好をアピールするものではなく、出会いの目的を表すイメージで使います。

具体的には、気軽に会える友だちや恋人などピュアな出会い、秘密の交際や第二のパートナーなどアダルトな出会いを求めるコミュニティがそれぞれ6つあり、参加すると女性メンバーのプロフィールが確認できるようになる仕組みです。

そのため同じ目的を持った相手に見つけてもらいやすくなるので、上手に使えばより早く理想の相手とマッチングすることができます。

デメリット

ワクワクメールには公式アプリがあるので、ダウンロードして空いた時間にサクッと利用できます。

しかし、アプリ版と通常のブラウザから利用するweb版では、待遇やシステムが異なる箇所があるので注意が必要です

具体的に説明するとアプリ版の場合、毎日1回ログインボーナスがもらえたりポイントを消費せずプロフィール写真を確認することができます。

また、アプリ版にはプロフィールでのアダルトな発言や大人の出会いを求める掲示板などのコンテンツは表示されません。

知らない人は損をするので、利用するときは上手く使い分けてくださいね。

 

第3位:YYC

料金(1メッセージ送信) 会員数 女性の主な年齢層 男女比
男性 50円 1000万人 20歳〜26歳 6 4

①20代中心の若い女性が多い

他の出会い系サイトより若干、20代の女性会員が多い印象です。

基本的にどのサイトも20代の割合は全体の50%ほどですが、YYCは60%近くいるので他より約10%も20代女性が多いということが分かります。

長らくこの状態が続いているので、女性の定着率がいかに高いか分かるはずです。

また、ペアーズやOmiaiのようなクリーンなサイトイメージのため、若い清楚な女性が多い印象があります。

②恋活SNS感覚で気軽に利用できる

YYCには他の出会い系サイトによくある「大人な出会い」「Hな関係」というカテゴリ、コンテンツがありません。

アダルト要素を一切感じさせないため、非常に女性が利用しやすく気軽に相手を探せる恋活に特化したSNS的な利用が可能です。

婚活までガッツリではないけど「恋愛したい」「気軽に出会いたい」といった人が向いているでしょう。

③検索機能が充実している

特におすすめなのは検索機能が充実している点で、通常のプロフィール検索の他に「近くの人検索」「写真検索」「今日の彼氏・彼女」といった機能があります。

アプリ版では「詳しくさがす」という機能を使えば、web版の「写真検索」と同じようにプロフィール画像から、直感的に可愛い女性を探しやすいですよ。

ポイント

さらにアダルト要素は皆無ですが、YYCでは検索機能の中に詳細な女性のカップを指定することができます。

最大Iカップまで検索できるのはYYCだけの魅力のひとつです。

デメリット

いい意味でも悪い意味でも、YYCはSNS的要素が強いため、なかなかLINE交換まで発展しにくいといった印象があります。

SNS感覚で利用している女性が多いので、デートまで繋げたい場合は無理にLINEでのやり取りを求めず、YYC内のメッセージ機能を使って仲を深めていくのが賢明です。

 

恋人がほしい人向けオススメ恋活アプリランキング

「気軽に恋人を探したい」「真剣な出会いを求めている」といった男女が多く集まる恋活・婚活アプリの中で、特に最初に使ってほしいサービスを集めました。

初心者にも安心して利用できる人気アプリばかりなので、使いこなせばきっと理想の相手と巡り会えるはずです。

第1位:Pairs(ペアーズ)

料金 会員数 女性の主な年齢層 男女比
男性 2,480円/月〜 累計800万人 20代半ば 6 4

①圧倒的な会員数で出会いやすい

Pairs(ペアーズ)は2012年からFacebookを利用した恋活サービスを運営しており、実績もある人気の恋活サービスです。

毎日約5,000人もの新規ユーザーが登録し、累計会員も800万人を突破しました。

そのためマッチングアプリの中でも最も知名度があり、利用率No,1といわれているのです。

新規登録者が多く、24時間以内にログインしたアクティブユーザーが非常に多いので、選びきれないほどの女性の中から好みの相手を探せます。

ポイント

平均4ヶ月で恋人ができると公式サイトでアピールしていおり、中には結婚した先輩カップルもいました。

毎日沢山のユーザーが登録しているので「とにかく沢山の女性と知り合いたい!」「若い女性とリア充な雰囲気を楽しみたい」と考える人には向いているサービスです。

②イベントが満載で楽しい

プロフィール検索や趣味嗜好をPRするコミュニティに入り一般的な恋活をするだけでなく、ペアーズでは季節ごとの楽しいリアルなイベントを行っています。

たとえば2018年には、サマソニこと「SUMMER SONIC 2018」とコラボするスペシャルイベントや、プロバスケットボールチームの試合に招待する企画などを開催しているのです。

さまざまな企業・団体や他の婚活サービスと一緒に楽しいイベントを行っているので、積極的に参加すれば、先輩カップルのようなステキな交際相手を見つけられるかもしれません。

③検索&コミュニティ機能が充実

ペアーズには理想の相手を探し出すための検索機能が充実しています。

検索機能では基本的なプロフィール情報以外にも、体型や喫煙・飲酒の有無、結婚の意思も確認できるので目的や条件に合わせて効率的に探せるのです。

また、10万以上ものコミュニティが存在しているので、同じ趣味や価値観をもった相手を探すのにとても助かります。

たとえば、「旅行好き」「映画好き」といった趣味だけでなく「子供が好き」「プライベートも仕事も大事」といったライフスタイルや、考え方についても近い感覚の人を探せるのでとても便利です。

デメリット

人気のペアーズですが、システム上、一部のユーザーに人気が集まり、勇気を出してアピールしてもスルーされる可能性が高い傾向にあります。

ペアーズやOmiaiなどのマッチングアプリでは、お互いに「いいね」という意思表示がなければメッセージのやり取りができません。

さらに「いいね」するとアピールできるいいね回数が減るので、なかなか積極的になれない男性が多く、格差を感じやすい印象です。

そのため、Omiaiと比べて男性はライバルが多く、人気会員を狙うなら激戦区になることを覚悟しておく必要があります。

【必見】出会系アプリで連絡先交換後の流れと会うまでの期間にすること
出会系アプリのペアーズで連絡先交換後の流れと会うまでの期間にすること

出会い系アプリにおいて、私達男性陣が乗り越えなくてはならない関門がいくつかあります。 最初の関門が女性とマッチングすること、二つ目の関門が女性と連絡先を交換すること、そして最後の関門が女性と実際に会う ...

続きを見る

 

第2位:Omiai

料金 会員数 女性の主な年齢層 男女比
男性 2,780円/月〜 約300万人 20代後半 5 5

①真剣な出会いを求めるガチアプリ

名前のとおり、結婚を意識した男女がペアーズよりも多い印象がある恋活・婚活サービスです。

男女比もバランスよく、結婚適齢期の20代後半から30代前半のユーザーが多く登録しています。

また、他のマッチングアプリに比べ、プロフィールの写真掲載率が高く、しっかり相手の容姿を確認できるという意見も多く聞かれました。

それだけ男女ともに、本気度の高い出会いを求めて利用しており、積極的に活動している印象を受けます。

実際に、毎日25,000組がマッチングしており、結婚まで至ったカップルも多く半年で10人もの異性と会ったユーザーもいました。

②平等に出会いやすいシステムを採用

ペアーズと2トップで人気のOmiaiですが、大きく違うのは消費する「いいね」数の違いがあります。

Omiaiでは特定の人に人気が集中しないように、消費する数は自分がもらった「いいね」の数に比例する仕組みなっているのです。

また、新規会員は自然と注目され「いいね」が増えるので、高めに設定されていたり、平等にマッチングの機会が増えるようさまざまな工夫がされています。

③質のいい厳選されたユーザーが多い

簡単に表現すると、Omiaiは「質のいいハイスペ会員が多い」です。

ペアーズに比べ、若干、主要ユーザーの年齢層が上がっているからでしょうが、実際検索し表示された女性の多くは可愛い美女が多い印象を受けました。

たとえば、ペアーズがリア充感溢れる若いイメージだとすると、Omiaiは落ち着いた大人の雰囲気です。

Omiaiであれば、普段パッとしない非モテ男でも、普段知り合えない女性とのマッチングに可能性を十分感じられるサービスといえます。

デメリット

他のサービスと比べると男性の利用料金が高い印象です。

また、自分の趣味や価値観をアピールするためのコミュニティがないので、地道に女性を探したり、相手に見つけてもらいやすくするために課金をする必要があります。

もちろん基本料金だけでも構いませんが、より効率的に理想の女性と巡り会いたいのであればオプションサービスも検討してみましょう。

 

第3位:With(ウィズ)

料金 会員数 女性の主な年齢層 男女比
男性 1,800円/月〜 累計100万人 20代後半 5 5

①心理学で相性のいい相手を探せる

with最大の特徴はメンタリストDaiGo監修による、心理学と統計学に基づいた相性のいい女性との出会いが期待できる人気のサービスです。

定期的に3分程度で済む簡単な性格や価値観の診断が受けられ、相性のいい相手を紹介してくれるコンテンツが充実しています。

心理テストが大好きな女性は特に楽しめるサービスですが、男性も診断結果から理論的に相性のいい相手に目を向けるキッカケとなり、男女ともに人気です。

②リーズナブルな利用料金で経済的

ペアーズやOmiaiなど他の恋活・婚活マッチングサービスと比較してみても、リーズナブルな料金設定になっています。

他のサービスにも劣らない充実の機能や、独自コンテンツが満載なのに1000円近く経済的に利用できるのはとても良心的ですね。

ポイント

有料会員の中でも、月に2,800円で更に出会いのチャンスを広げてくれるVIP専用プランも用意されています。

一般的な恋活・婚活アプリの通常プランと変わらない値段で、優遇措置が体験できるのはとてもお得です。

③自己紹介文の自動作成が便利

驚くことにwithでは、女性にモテる自己紹介文を自動作成してくれる機能があります。

約1分の簡単な質問に答えると、自動でPR文を作成してくれるので、忙しい人でも安心です。

また、初回のメッセージには定型文が用意されているので、何を書いたらいいか分からない人にとってはとても助かります。

うまく自分を表現できなかったり、文章を書くのが苦手な人はもちろん「なかなかマッチングしないな」「LINE交換やデートまで発展しない」と悩んでいる人にも使ってもらいたい便利機能です。

デメリット

心理学と統計学に基づいたデータから、相性がよく人気のある相手を紹介してくれるのがwithのウリです。

しかし、その「おすすめの相手」が自分と不釣り合いだと感じる場合が多々あるという意見が見受けられました。

おすすめ女性が高嶺の花すぎると、アピールしても相手にされない可能性が高いので「いいね」せず、いつまで経ってもマッチングできないという結果になっているのです。

マッチング率を重視する人は、積極的に自ら気になる相手を探したり他のサービスと掛け持ちする必要があります。

マッチングアプリwithの2ch口コミまとめ!無料会員から有料会員に課金登録すべき?

この記事では、with(ウィズ)を実際に利用して1年間で34人と出会った筆者がwithの口コミと実際のところどうなのかを解説していきます。 withは上場企業「株式会社イグニス」が運営している恋愛・婚 ...

続きを見る

 

セフレがほしい人向けオススメ出会いサービスランキング

男性の中には、

男性
気軽に遊べる相手がほしい
男性
割り切った関係がいい
男性
彼女とか今はいらないかな

と考えている人も多いでしょう。

そんな人におすすめしたい、セフレを探すのにぴったりな出会い系サービスを紹介します。

ちなみに、出会い系サイトの多くは会員全体のほとんどが男性です。

特にアダルト要素の含まれるサービスは女性の数は少なくなり、男女比は一般的に8:2、もしくは7:3が出会える優良サイトだといわれています。

そのため、これから紹介するサイトが他のサービスと比べ女性が少ないといって、スルーしてしまうのは勿体ないですよ。

第1位:PCMAX

料金(1メッセージ送信) 会員数 女性の主な年齢層 男女比
男性 50円 1000万人 20代前半 7 3

①出会える定番の出会い系サイト

PCMAX(ピーシーマックス)は国内最大手の出会えると評判の老舗出会い系サイトです。

会員数は1000万人を突破し、アクティブユーザーの割合が全国で50万人以上といわれています。

男女ともに幅広い年齢層のユーザーに支持されており、積極的に活動している女性も多くいます。

出会い系サイトを利用する人の間では、PCMAXは他のサービスに比べセフレを見つけやすいサイトとして有名です。

サイト内で知り合ってから1ヶ月程度で会える場合がほとんで、知り合った当日に会ったという意見も多く見られます。

また、女性の中にはメッセージのやり取りが楽しかったり、安心できると感じられる関係性を築けたら当日会ってもいいと考える人が多くいる印象を受けました。

②目的に合った掲示板を使い分けられる

出会いの目的やメッセージを投稿すると、自分の求める相手からメッセージをもらえる掲示板機能ですが、PCMAXではそのカテゴリが豊富に用意されています。

具体的に、ピュアジャンルは「まずはメッセージから」「今からあそぼ」など合計10種類。

アダルトジャンルは「アブノーマル・SM」「即ヤリ」など8種類の掲示板があるので、目的に合わせて利用できるのです。

たくさんの投稿ジャンルがあるので、複数の掲示板で募集や検索ができます。

掲示板以外にも検索機能が充実しているので、より目的に合った相手を探しやすいサイトです。

③アダルトコンテンツが満載

PCMAXには、定期的に女性のアダルト自撮り(セルフィー)コンテストを開催しています。

ランキング入賞者には報酬が与えられるので、たくさんの女性が積極的に参加する男女ともに人気のある名物イベントです。

無料で女性会員の過激なアダルト自撮り写真が見れるので、出会い以外での楽しみを得られるサイトになっています。

ポイント

近場の女性がコンテストに応募していたら、応援メッセージを送り仲良くなる努力をしましょう。

そうすることで、あなたの要求に合わせた写真を見せてくれたり、場合によっては実際会える可能性も広がるのでおすすめです。

デメリット

相手のプロフィールを確認するのにポイントが必要です。

基本プロフィールの閲覧は10円ですが、アダルトな内容が書かれた裏プロフィールは100円もかかるので少し割高に感じます。

また、希望する相手を都道府県ごとでしか検索できない点も不便な印象です。

そのため、キーワード検索機能を使い、特定の市区町村名を打ち込んで探してみたり、相手の日記や掲示板、メッセージなどで確認する必要があります。

 

第2位:ハッピーメール

料金(1メッセージ送信) 会員数 女性の主な年齢層 男女比
男性 50円 1700万人 20代前半 7 3

①セフレになりやすい女性が多い

ハッピーメールは飛び抜けて会員数が多く、月に2万人近くの新規会員が登録し、アクティブユーザーは約7万人にも及ぶ業界を代表する出会い系サイトです。

そのため、最も理想の相手を探しやすい、おすすめのサービスといえます。

ポイント

セフレになりやすい大学生や、職場に出会いの少ない看護師、保育士といった職業の女性が多く登録しており、その多くの女性は「かまってちゃん」なのです。

そんな寂しい思いをしている女性が多いので、仲良くなれれば比較的どんな男性でも簡単にセフレを見つけることができます。

②ボイスチャットもできる出会い機能が満載

プロフィール検索はもちろん、ボイスチャットや掲示板、動画&画像投稿で理想の女性を探すことができます。

掲示板には、純粋にメル友や趣味友だち、恋人を探すピュア掲示板と、アダルトな出会いを求めた大人の掲示板があるのでトラブルにならず安心です。

また、転送電話機能とは違いビデオチャットといって、ランダムに選ばれた相手と会話ができるコンテンツがあります。

知らない女性と話しができるのでドキドキ感が味わえ、あっという間に時間が過ぎてハマってしまう危険性があるので注意が必要です。

③サイト全体が爽やかで使いやすい

男性からするとあまり関係なく感じるかもしれませんが、サイト全体が淡い青系の色で統一されています。

Omiaiやマッチドットコムのような爽やかなイメージです。

また、有名女性ファッション雑誌モデルを起用しているため、女性が嫌悪感を感じにくく、入会・利用しやすい環境となっています。

特に10代後半から20代の若い女性が多く利用している印象です。

デメリット

人気のボイスチャットの料金が高く15秒で30円必要になり、1分会話すると120円になります。

また、料金は同じですが、似た機能に「転送電話」があり、初心者は困惑する人が多い印象です。

ちなみに、転送電話は特定の相手と話しができる機能で、掲示板などで交流をもった相手とLINEのIDや電話番号を教えずに声でやり取りができます。

どうしても音声でのコミュニケーションを望み、新しい出会いを求めるなら、ボイスチャットを登録したエリアのフリートークを利用しましょう。

アダルトな内容が楽しめるセクシートークは、その場で終わったり業者が多い可能性があるので、出会いたいなら普通の会話を楽しみつつ仲良くなったら誘ってみると効果的です。

 

第3位:Jメール

料金(1メッセージ送信) 会員数 女性の主な年齢層 男女比
男性 70円 600万人 20代後半〜30代 7 3

①女性からの返信率が高い

JメールはPCMAXやハッピーメールなど、他の出会い系サイトに比べ女性からの返信率や、顔写真の掲載率が高い傾向です。

サイト内は出会うために必要なコンテンツのみだけが表示されているので、とてもシンプルで見やすく、いかがわしさや怪しさが感じられません。

おそらく、これらの配慮も女性側が積極的に活動しやすい要因になっているのではないでしょうか。

「ごちゃごちゃしているのは嫌だな」「基本的な機能があればいい」と考える人には非常に使いやすいサービスです。

②40代・50代の中高年世代も多い

最も多い年齢層は20代後半から30代ですが、それ以上の40代・50代の中高年層の利用者も他のサービスに比べ高い割合です。

Jメールは、レディース・コミックという20歳以上の女性向け性漫画に広告を出しています。

その影響から、若干、年齢層の高いユーザーが多く集まっている印象です。

熟女や人妻好きな人には注目のサイトかもしれません。

③地方会員が多く近場で出会いやすい

もちろん東京・首都圏は飛び抜けて会員数が多いですが、地方の会員数を調べてみると平均以上でした。

そして、実は首都圏よりも地方のほうが会員数の割合が高いのです。

そのため、地方在住者の場合、PCMAXやハッピーメールでなかなか出会えなかったという人は、Jメールを利用すると今までが嘘のようにウハウハな出会いが待っているかもしれません。

デメリット

他の出会い系サービスに比べ、料金が少し高めです。

メッセージを送信するのに1回70円分のポイントが必要になるので、たくさんの女性に出会いたいけど、費用は抑えたいと考える人はお得に使える方法を工夫するか、他のサービスを利用したほうがいいでしょう。

 

結婚相手を見つけたい人向けオススメ婚活アプリランキング

第1位:ゼクシィ縁結び

料金 会員数 女性の主な年齢層 男女比
男性 2,592円/月〜 65万人 20代後半〜30代 5 5

①真剣に結婚を考えた女性と出会える

男女ともにゼクシィといったら「結婚」といったイメージをもつ人が多い、言わずと知れたウエディング・ブライダルに関する最強のブランド力をもっています。

そのため結婚を前向きに考えた、質のよい女性会員も自然と集まりやすく、会員数は作年比280%となっている注目のサービスです。

ゼクシィ縁結びを利用して交際・結婚に至った先輩カップルの多くは、女性からのアプローチがきっかけだったというエピソードが多く見受けられました。

それだけ積極に活動している女性が多いということですね。

ゼクシィ縁結びでは、会員のうち80%もの人が6ヶ月以内にパートナーと出会っているというデータもあるので実績も十分で安心できます。

②価値観を重視した相手探しが可能

ゼクシィ縁結びには、幸せな結婚生活を送っているカップルの特徴を分析した独自の価値観診断があります。

全部で18問あり、登録すると無料で利用可能です。

3分ほどで13ある価値観タイプの中から、自分の性格や恋愛傾向を客観的に確認できます。

そして気になる相手との価値観マッチ度や相性GOODポイント、注意ポイントまで詳しく解説してくれるのでとても参考になる機能です。

どんな人と相性がいいか、幸せな家庭を築いていけるかなど傾向を知ることができるので、並行して利用するサービスや実生活での出会いでも活用できます。

また、検索・活動状況によりあなたの好みの条件を学習し、おすすめの女性を紹介してくれる機能もあります。

使えば使うほど、好みにあったぴったりの人と出会える確率がアップするので、積極的に使いたいですね。

このように上手くサービスを活かせば、早い段階で理想の相手と出会い1年以内に結婚できる頼もしいサービスです。

③デート調整を代行してくれる

業界初のお見合いコンシェルジュが、初めて会う相手とスムーズにデートの待ち合わせができるよう、代わりにデート日程・場所の調整をしてくれるサービスがあります。

ふたりの間に立って大切な初デートの予定を立ててくれるので、忙しい人や異性との恋愛経験が乏しい人、自信がない人でも安心して利用できるはずです。

実際に利用してみると、相手に遠慮せずシンプルに自分の希望を伝えることができるので助かりました。

お見合いコンシェルジュのおかげで安心でスマートな初デートが叶います。

デメリット

急上昇中のサービスとはいえ、リリースから日が浅く、地方会員の数は少ない印象です。

首都圏に集中しているので、地方在住の人は期待どおりに出会えないかも知れません。

しかし、とても使いやすくコスパもいいので「真剣に結婚相手を探したい」「ゼクシィだし気になるな」と思う人は、まずは無料で利用できる範囲で様子を見ながら優良プランへ移行してもいいでしょう。

ゼクシィ縁結びの2ch口コミ評判・体験談!無料会員から有料会員に課金登録すべき?

数あるマッチングサイトの中からゼクシィ縁結びを選んだ方の多くは、「ゼクシィ」というブランド力を信頼し、結婚へ繋がる本気の出会いを求めている婚活世代ではないでしょうか。 そのネームバリューの影響力と、女 ...

続きを見る

 

第2位:マッチドットコム

料金 会員数 女性の主な年齢層 男女比
男性 2,600円/月〜 国内250万人 30代〜40代 7 3

①世界最大級のマッチングサービス

アメリカ発の巨大出会いサービスです。

国内では約250万人もの会員を抱えており、結婚を前提に交際を望む30代の男女が多く集まっています。

女性も同じ料金を払っているので、真剣&積極的に活動しているのです。

また、日本にいながら海外に住んでいる女性と知り合えたり、日本在住の外国籍女子とマッチングできるのも魅力のひとつでもあります。

②「恋が始まる保証」制度があり安心

なんとマッチドットコムには「恋が始まる保証」というサービスがあります。

しっかり活動したのに6ヶ月間でステキな相手が見つけられなかった場合は、無償でサービスを延長できる保証制度です。

このような保証を用意しているのは、マッチドットコムで積極的な婚活をしていれば6ヶ月で大切な人が現れるといった自信の現れですね。

③出会える確率が高く交際に発展しやすい

人気のペアーズやOmiaiでも、10人以上とメッセージを交わしてやっと1人会える程度の人が多いです。

しかし、マッチドットコムでは大体半分の労力で女性と会うことができ、1ヶ月で4人とデートしたというユーザーもいました。

結婚への意識が高く、男女ともに積極的な会員が多い印象で、特別モテるタイプでなくても、若い人であればたくさんのアプローチがもらえると人気です。

また、マッチ機能という独自の学習機能があり、使えば使うほどあなた好みの女性を紹介してくれるので、初心者にもやさしい機能といえます。

デメリット

他に紹介している婚活向けサービスの中では、年齢層が高めのため、人によっては合わない場合があります。

「若い女性じゃないと嫌だ」「相性より若くて美人がいい」という考えであれば、他のサービスを利用したほうがいいかもしれません。

要注意!

個人的に気になったのが、アプリが使いにくく似たような機能がいくつもあり、ごちゃごちゃしていました。

そして不自然な日本語が多く、サポートに問い合わせをしても英語なので不安に感じる点が最大のデメリットです。

マッチドットコムの2ch口コミ評判と婚活体験談!料金、サクラまで解説

マッチドットコムは、世界25カ国で展開されている最大級の婚活サイトです。 日本国内会員数は既に250万人以上! 1995年からサービスをスタートさせた、歴史ある婚活サイトでもあります。 しかも、マッチ ...

続きを見る

 

第3位:ブライダルネット

料金 会員数 女性の主な年齢層 男女比
男性 1,650円/月〜 約30万人 30代前半 4 6

①日本最大級の成婚実績

ブライダルネットは結婚相談所などの出会いをサポートする上場企業が運営している安心サービスです。

会員の約80%以上が6ヶ月以内に結婚相手を見つけることができ、3ヶ月以内の場合が最多でした。

それだけ結婚に対し真剣な男女が集まり、結果として年間の成婚数は7,395名で国内最大級といわれています。

結婚まで考えられる恋人を見つけたいと考えているのであれば、ブライダルネットは幅広い年齢層の男性に向いているサービスです。

②プロのカウンセラーによるサポート

結婚に関するサービスを提供している企業が運営しているので、婚活を熟知したスタッフが多く在籍しています。

そんなブライダルネットでは、高い成婚率を誇る人気の結婚相談所の運営ノウハウを活かした出会いをサポートしてくれるサービスがあるのです。

プロの専属「婚シェル」があなたの悩みや不安を取り除き、前向きに婚活できるよう手助けしてくれます。

ポイント

具体的なサービス内容は、魅力的な自己PR文の書き方や好印象を与えるメッセージ内容のアドバイスです。

さらには、初回デートを一緒にフィードバックしてくれたり、結婚相談所並みのサポートが充実しているので、初めての婚活サイトでも安心して利用できます。

③安心の料金設定

ブライダルネットの料金は男女ともに同じ値段で、とてもリーズナブルです。

それは「真面目な恋愛・結婚に向けて安心して活動してもらいたい」「真剣に婚活に取り組んでもらいたい」という気持ちから設けられた料金設定になっています。

12ヶ月プランに申し込むと月1,650円で、結婚相談所並みのサービスが利用できるので大変コスパのよい印象です。

6ヶ月プランであっても月額2,160円なので、ペアーズやOmiaiよりもお得に真剣な出会いが3ヶ月〜6ヶ月以内に期待できます。

「結婚に前向きな人と出会いたい」「結婚相談所は手が出しにくい」と考えている人には特におすすめのサービスです。

デメリット

年齢層がペアーズやOmiai、ゼクシィ縁結びより高い傾向にあります。

また、地方会員が少ないので、首都圏や大都市以外の人が条件を絞っていくと出会いにくく感じてしまうでしょう。

地方在住の人や相手の年齢や体型などにこだわりがある場合は、長丁場になる可能性があるので、その覚悟をもって利用するか他のサービスを検討したほうがいいかもしれません。

ブライダルネットの2ch口コミ評判・体験談まとめ

ブライダルネットは日本最大級の婚活サイトです。 登録者はまじめに婚活をしている方がほとんどであり、2018年7月のカップル成立数は7,872人にもなります。 2006年に設立されたIBJがこのサービス ...

続きを見る

 

目的別オススメ出会いサービス比較表

今回は「恋人」「セフレ」「結婚相手」とそれぞれの目的別に合うおすすめなマッチングサービスを3つずつ紹介しました。

初めて出会い系を使いたいと考えている人にも使いやすいサイト・アプリばかりです。

では改めて、今回紹介したサイト・アプリを比較表でにしてみたので、気になるサービスがあれば、公式サイトで確認してみましょう。

無料で出会いたい人向けの出会いサービス
 サービス名 料金(メッセージ1通送信) 会員数 女性の主な年齢層 男女比
ハッピーメール 50円 1700万人 20代前半 7 3
ワクワクメール 50円 650万人 20代前半 7 3
YYC 50円 1000万人 20歳〜26歳 6 4
恋人がほしい人向け出会いサービス
サービス名 料金 会員数 女性の主な年齢層 男女比
ペアーズ 2,480円/月〜 800万人 20代半ば 6 4
Omiai 2,780円/月〜 300万人 20代後半 5 5
with 1,800円/月〜 100万人 20代後半 5 5
セフレが欲しい人向け出会いサービス
サービス名 料金(メッセージ1通送信) 会員数 女性の主な年齢層 男女比
ハッピーメール 50円 1700万人 20代前半 7 3
PCMAX 50円 1000万人 20代前半 7 3
Jメール 70円 600万人 20代後半〜30代 7 3
結婚相手がほしい人向け出会いサービス
サービス名 料金 会員数 女性の主な年齢層 男女比
ゼクシィ縁結び 2,592円/月〜 65万人 20代後半〜30代 5 5
マッチ・ドットコム 2,600円/月〜 250万人 30代〜40代 7 3
ブライダルネット 1,650円/月〜 30万人 30代前半 4 6

 

効率よく理想の相手と出会うコツ・ポイント

せっかく会員数の多いサイト・アプリに登録しても、上手に活用できなければ、ただお金と時間をダラダラと使い続けることになります。

大手のサービスを利用しているからといって、必ず出会えるわけではなく、モテるためには自分の努力も大切です。

  • 相手にとって興味をもてる自己PR文になっているか
  • 好まれる写真を選んでいるか
  • 積極的に活動しているか

など、条件が揃わないとなかなか出会えません。

もちろんイケメンで高収入のハイスペ男子であれば話しは別ですが。

いくら大手で実績のあるサイトやアプリを使っても、努力を怠ってはステキな女性とは知り合えないので、効率的に出会うための心得を理解する必要があります。

しかし、

男性
モテる写真ってどんなの?
男性
プロフィールにはどんなこと書けばいいの?
男性
なかなか返信もらえないんだよね…

と悩んでいる人も多いはずです。

この項目では、出会い系初心者やなかなか出会えない人向けの基本的な攻略法を紹介していきます。

女性ウケのいいプロフィール写真を載せる

出会い系は登録から1週間以内が特に大切です。

なぜなら多くのサイト・アプリでは、新規登録ユーザーとしてピックアップされ注目されやすくなるので、女性ウケのいい写真を載せておくとプロフィールをさほど作りこんでいなくても、たくさんのアプローチが期待できます。

イケメンじゃなくても(たとえブサメンでも)写真の撮り方や選び方によって印象がガラッと変わるので、それなりに見えるよう工夫してみましょう。

中には身バレが心配、顔写真は載せたくないと考える人もいるでしょうが、結論からいうと自分のプロフィール写真ではなく風景や食べ物などの写真では、女性は不安に感じ見向きもされません

サングラスや持ち物、家具・建物に自然と隠すことができるので、完全顔出ししなくても雰囲気が掴めるような写真を心がけましょう。

それでは女性ウケのいいプロフィール写真のポイント9つ紹介します。

OKポイント
  • 自然な笑顔
  • ペットと一緒
  • 複数掲載
  • 明るく見やすい
  • オンオフが感じられる
NGポイント
  • キメ顔
  • プリクラ
  • 自撮り
  • 過度な加工

一般的に女性から好まれるプロフィール写真の第一条件として、やはり笑顔は大切です。

ただし、単純に自然な笑顔であればいいというわけではなく、明るい場所で撮影することが大切で、さらにオン・オフの雰囲気が伝わる写真にするとあなたの普段の様子がイメージしやすいので好まれます。

たとえば、女性に好まれるスーツ姿での撮影や旅行中、趣味のフットサルでの写真など、シーンを変えて撮影してみましょう。

ポイント

メイン写真以外のサブ写真では、向きやポーズ、全身写っているものなど、それぞれ変えて、色んなパターンでのあなたを見せると喜ばれます。

また、動物がどうしても苦手という人以外は、飼っているペットや動物園、猫カフェなどで触れ合っている写真を用意しておくと話題が広がり、女子ウケ間違いなしです。

これらは自撮りではなく、友達や家族、同僚など第三者に撮影してもらうのが1番自然なプロフィール写真の撮り方だと考えています。

ただし、どうしても素人のスナップ写真感が出てしまうので、元がそれなりに良くないと埋もれてしまいます。

なので、より効率よく理想の女性に出会いたいのであれば、プロもしくはセミプロのカメラマンさんにお願いすることが1番おすすめです。

光の調整や加工など、きちんと知識や技術をもった人にお願いした方が結果的に早くパートナーを見つけることができます。

ポイント

あなたの活動エリアと「出張カメラマン」「フォトグラファー」といったワードで検索すれば、地元の写真館などを探すことができるので検討してみてください。

もし探すのが面倒であれば、全国対応で50分6,480円から出張撮影を依頼できるOurPhoto(アワーフォト)を利用してみてもいいかもしれません。

 

モテる好印象なプロフィール自己紹介文にする

さらにプロフィールの自己PR文も大切なアピールポイントです。

いくら写真がかっこよく撮れていても、人間性を疑うようなワードや稚拙な言葉ばかりでは、大人の男性としてあまり好印象に思われない可能性があります。

また、自己紹介文で伝えなくてはいけない点は、

  1. 自分がどんな人物なのか
  2. どんな人を求めているか
  3. 信頼できる人物である

という3つのポイントです。

このポイントをふまえつつ、親近感を与え、知的でデキる男を印象づけるステキなプロフィール・自己紹介文になるよう意識してみましょう。

具体的には以下のポイントに気をつけてPR文を考えてみてください。

  • ダラダラと書かない
  • 適切な改行や読点
  • 趣味や仕事は具体的に

ダラダラと無駄に長い文章を書くのではなく、要点を絞って分かりやすいプロフィール文を目指します。

趣味や仕事は「洋楽を聴くのが好きです」「文具メーカーで営業をしています」など具体的に書くとイメージしやすく好印象を与えるので、可能な限り積極的にアピールしていきましょう。

また、女子ウケする趣味の一例を挙げておきます。

OKポイント
  • スポーツ
  • 映画鑑賞
  • 旅行
  • 食べ歩き
  • ドライブ
  • 写真・カメラ
NGポイント
  • オタクを連想させるもの
  • ギャンブル
  • アイドル
  • バイク

オタクを連想させるといったらアニメや鉄道、ゲーム、声優などでしょうか。

隠れオタクもいるので一概にはいえませんが、特にかわいい女の子ばかり出ている萌系アニメやギャルゲーが好きというのは女性からすると「気持ち悪い」という印象を受けるで、カミングアウトするのであれば相手を見極めてからにしましょう。

 

返信率アップのファーストメッセージとは

気になる子とマッチングできたら、次はサービス内のメッセージ機能を使って仲良くなることを目指し、最終的にはデートまで繋げます。

2人で会えるよう女性に信頼してもらう必要があるので、メッセージでのやり取りはとても重要な工程です。

では、デートまで発展させるための最初のメッセージについて、注意点を挙げていくので確認してみましょう。

OKポイント
  • 相手の名前を入れて挨拶
  • 興味をもった理由
  • 相手の情報を入れる
NGポイント
  • 定型文そのまま
  • 言葉遣いが幼稚
  • 読みにくい

相手から何度も名前を呼ばれると好感度が上がる心理効果のことをネームコーリングといいます。

これをファーストメールでも自然と活用できるのは初めての挨拶です。

挨拶をする際は、ぜひ相手の名前を添えてどうして興味をもち、「いいね」を押したのかを簡単にまとめてメッセージを送ります。

自己紹介文と一緒で、ダラダラ長文を書いては、最後まで見てもらえない可能性があるので、まずは相手の様子を見るために多くても約100〜200文字の間がいいでしょう。

また、定型文ぽい印象を与えてしまっては相手もテンションが下がってしまうので、女性のプロフィールに書いてある情報を活用します。

たとえば、好きな食べ物を「スイーツ」だと書いてあったら、

最近食べたスイーツで美味しかったものって何ですか?

と質問してみたり、「映画鑑賞」が趣味と書いてあったら、

僕は◯◯系の映画が好きなんだけど△△さんはどんなジャンルが好き?

など、女性が返信しやすいように質問してみると会話も続き盛り上がりやすいです。

 

快適に出会うためのリスク対策

ネット上での出会いでも、少なからずサクラや業者、CB(キャッシュバッカー)などのユーザーが紛れ込んでいます。

大切なのは被害に遭わないよう、迷惑な会員を見極め適切な対応を心がけることです。

快適な出会いを目指すためにも、必ず目を通して、しっかり自己防衛しましょう。

サクラ・業者・キャッシュバッカーへの対策と見分け方

出会い系サイト・アプリで出会う確率の高い3つの迷惑ユーザーについて説明します。

どんなに優良サービスでも、少なからずこのような会員は紛れ込んでいるのですが、特徴さえ掴んでしまえば大体の迷惑3大ユーザーを見分けることができるので、トラブルを未然に防げるはずです。

では、ひとつずつその特徴・見分け方を確認してみましょう。

サクラ

悪質なサイトに多く見られる、運営元に雇われている偽物のユーザーです。

一般ユーザーに多くの利用料を支払わせるのが主な目的で、従量(ポイント)制の出会い系サイトでよく見かけられます。

どうにかしてメッセージを引き延ばし、ユーザーにポイントを使わせようとするので、怪しいなと感じたらすぐに距離をおきましょう。

サクラの見分け方

  • どんな人でもOkな希望条件
  • プロフィール写真が可愛すぎ
  • プロフィール写真がエロい
  • エロいPR文で誘惑しすぎ
  • いきなりデートのお誘い

細かく挙げたらいくらでもあるでしょうが、やはり不自然なプロフィールやメッセージは注意したいポイントです。

いきなりLINEなどのトークアプリを誘う最新手口もあるようなので、うますぎる話には注意してください。

もちろん、全てのサクラがこれに該当するとはいえませんが、可能性はあるので十分気をつけましょう。

業者

サクラと異なり、業者は運営に雇われているわけではなく、一般ユーザーに紛れて自身の営業や勧誘、詐欺などを行う悪質な会員です。

たとえば、風俗店の営業や美人局、ブログ誘導などが挙げられます。

やはり怪しいと思ったら関わらず、ブロックや通報などをして対応しましょう。

業者の見分け方

  • 別サイトなどに誘導してくる
  • やたらと美人&エロい
  • やたらと積極的
  • エロいプロフィール文
  • 待ち合わせ場所が繁華街の近く

業者の手口の一例として「このサイトでやり取りしよう」「LINEが使えなくなった」など、さまざまな口実で他サービスやサイトへ誘導してきます。

自然に誘ってくる業者が多いので、他のサービスではやり取りしないなど、自分の中でルールを決めて活動すると未然に防ぐことができます。

キャッシュバッカー

最後にCB(キャッシュバッカー)といわれるユーザーに関して説明します。

キャッシュバッカーとは従量(ポイント)制の出会い系サイトに多く見られ、男性会員とメッセージの送受信をするとポイントが貯まり換金できるシステムを利用した会員のことです。

女性会員として利用している男性もいるでしょうし、お金が目当てなので出会いは求めていません。

ただ、最近は多くのサイトで運営体制が変わってきており、CBが減少傾向にあります。

CBの見分け方

  • プロフ写真が可愛いorエロい
  • プロフィール文がエロい
  • 一言メッセージが多い
  • 誘惑するようなメッセージ
  • LINE交換は華麗にスルー
  • 会う約束はしたがらない

CBはサイト内でのメッセージのやり取りを望み、効率的に稼ぐために短めの内容で返信してきます。

その点を理解しておくと不自然なユーザーが見極めけやすくなるはずです。

 

今はネットの出会いが一番おすすめです

20代30代におすすめの婚活サイト比較

もしかしてまだアプリの出会いはチャラいと思っていませんか?

今や20代・30代、それ以上の世代もネットで出会って結婚することが普通になってきています。

休日の繁華街で石を投げると、マッチングアプリで待ち合わせをしている人に当たると言っても過言ではありません。

それくらいみんな、なんらかのマッチングアプリ・婚活サイトをやっているのです。

男女ともに登録無料なので、良いお相手と出会いたいならまずはインストールしてみることをおすすめします。

-おすすめ, マッチングアプリ

Copyright© 結び糸 , 2018 All Rights Reserved.