出会うコツ

出会い系で反応のいい自己紹介プロフィールの書き方

投稿日:

プロフィールは、自分のことを気になってくれた相手が必ず確認する内容になります。

プロフィールを書く手間を惜しんでは絶対に出会い系で出会うことはできません!

プロフィールの書き方の手順としては、まずは自分の思ったとおりの内容を書いてみましょう。おそらく意外とつまらない文章しか書けないものなのです。

プロフィールのポイントは、全てのことを多少盛って書くことです。

全て盛ってしまうと全くの嘘のプロフィールになってしまいますが、内容を盛ることで自分を魅力的に伝えることができるなら、絶対に盛ることを選んだほうが間違いなく出会える可能性は高まります。

例えば、年収を書く必要はなくても、金融業とか商社関係、マスコミ関係と書くだけで、女性からのイメージはよくなり返信率があがることは間違いないです。

逆に身長、体重などは女性でも気にしない人はまったく気にしない項目です。

相手が勝手に自分のことを良く思うプロフィールを書く

多少盛った内容でプロフィールを魅力あるものにできたとしても、それでプロフィールの内容が完璧になるわけではありません。

プロフィールの見方は人それぞれなので、魅力的に感じる点も人それぞれで異なります。内容を盛りすぎて嫌味なプロフィールと思われては本末転倒です。

あくまで第一印象をよくするためのツールがプロフィールなので、何事も適度な盛り具合が重要です。自分で盛った内容を読んで笑ってしまうぐらいにしましょう。

また、プロフィールを書くときの大事なもう一つのポイントとして、相手が自分のプロフィールを読みながら、いろいろ想像してもらえる内容を盛り込みましょう。

例えば、仮に

メンズ
「お酒が好きです。」

と書いてしまうと、相手は

レディース
「そうなんだ。」

で終わってしまいますが、

メンズ
「飲むのが好きで会社付近の新宿や、家の帰りに立ち寄る渋谷で美味しい店を常に探しています。」

と書けば、相手には、

レディース
「新宿辺りで仕事をしてて、渋谷の近くに住んでいるのかな。」

というヒントを自然と与えることができ、その後のやりとりの流れを作りやすくなります。

自分の好きなジャンルのお酒や食事もそこに付け足せば、自然な形で自分の趣味をアピールすることができます。

このように少しの工夫が相手からの返信率をあげる重要なポイントになりです。

困ったときは同性のプロフィールをチェック

プロフィールは何度か書き直していくことで精度自体は高めていくことができます。

しかし、それはあくまでも自分の基準で精度が高まっただけで、異性からどう思われるかは全く別の話です。

メンズ
何度かプロフィールを書き直したのに相手からの返事が来ない。

この場合は、単純に送ったメールの内容だけでなくプロフィールに問題があるのです。

出会い系では、最初のコンタクトをとるまでは、優先権は全て相手にあり自分にあるわけではないのです。

そうなるとプロフィールをこれ以上何がどう変えればいいのかわからない。

そう思う人も多いでしょう。

しかし、そこであきらめては出会い系で出会うという登録時の目的が果たされません。

ここが最大の踏ん張りどころです。

そうしたときは、ライバルを知ることで状況を改善しましょう。

ライバルとは具体的に同じサイトに登録している同性です。

出会い系で自分が気に入った女性にメールを送るとすると、その女性には自分以外に10名はメールが来ていると言って間違いないです。

それぐらい競争は激しいです。

でも、そこで勝ち残ることができれば女性に会うことができます!

メンズ
ライバルのプロフィールを見て、他の人はどういったことを書いているのか。自分の内容とはどう違うのか。

ということを見比べて作戦をたてましょう。

例えば、男性なら顔写真の見せ方でも、職業を連想させる服装で全身を見せたり、自分の乗っている車などを見せている人がかなりの数になります。

そうした写真を載せている理由は単純で、普通に自分の顔写真を載せるより女性からの反応がいいから載せているわけです。

「こんなことに惹かれるの?」と思うポイントに惹かれる女性は本当に多いです。

他人のプロフィールを見て、自分の中で真似できるものはすぐに真似をしましょう。

少し恥ずかしいと思っても、それで女性に会えるなら簡単なことです。

情報開示は慎重に

相手に自分のことを知ってもらうためには、自分のことを詳しく書いたプロフィールは必要になりますが、プロフィールは基本的に誰でも見ることができるものであることが多いので、過度な個人情報の開示は絶対に避けましょう

会社員であるならば、勤務先の企業名を書き込むことは絶対にNGです。

同僚に出会い系を使っていることがばれるとまずい人は多いですよね。

でも、自分で思っている以上にたくさんの人が出会い系を使っています。

笑えない話ですが、同僚が同じ出会い系サイトを利用しているというパターンは可能性として低くないです。

また、住んでいるところを書くこともできるだけ避けましょう。

住んでいないとしても、具体的な地名を出すことはよく考えましょう。

特に女性の場合は絶対です。

出会い系サイトで大手といわれるサイトは、常時パトロールをして悪質な利用者は利用停止や退会などの処置をとりますが、それで悪質な利用者が完全にいなくなるわけではないです。

プロフィールから個人が特定されてしまう場合もあり、場合によって住んでいるところまでわかってしまう可能性もあります。

その場合のリスクは全て自分で負う形になります。

顔写真を載せることによって相手からの返信率は一気に高くなりますが、自分の顔をオープンにすることのリスクもわかったうえで判断するようにしましょう。

世の中はいい人ばかりではないということを頭に片隅にしっかりおいて、サイトを利用するようにしましょう。

-出会うコツ

Copyright© 出会いアプリ部 , 2017 All Rights Reserved.