中年童貞・高齢童貞の割合は25%!後悔するならソープで捨てるのもあり

更新日:

男性の悩みとして一つに童貞があります。

男としてはやはり女性と経験を持ちたいと思うのが普通ですよね。

しかし男性の中にはそれができずに気づいたらそれなりの年齢になっていたと言う方も多いでしょう。

年をとっても童貞であることを中年童貞・高齢童貞と言いますが、皆さんは高齢童貞に対してどのように思っているのでしょうか。

そして実際に高齢童貞の方は後悔しているのでしょうか。

高齢と言ってもどこからと思われますが、30代以上としてみなさんの意見をあげていきます。

中年童貞・高齢童貞とは

中年とは、青年(16歳~30代前半)と老年(50代後半~60代後半)の中間である30代後半~50代前半とする説と、青年(10代後半~20代)と中年(30代~50代)とする説があります。

明確な基準はありませんが、大まかに30代から50代を中年と呼びます。

また、童貞とは、辞書によると

  1.  まだ異性と肉体関係をもったことがないこと。また、その人。ふつう男性にいう。
  2.  カトリック教の尼僧。

と記載されており、一般的には1の意味で使われています。

つまり中年童貞とは、30~50代の性行為の経験のない男性の事を指しています。

童貞の割合は何歳からが少数派か

30歳まで性行為の経験がない男性は、魔法使いになれるという都市伝説はご存知でしょうか?

2002年頃からインターネット上で爆発的に広がったネタです。

念のため断言しておきますが、これは事実ではなく、30歳を過ぎて童貞のままでも残念ながら、魔法を使えるようにはなりません。

この都市伝説を目安にすると、一般的に、30歳まで童貞の男性は少数派と考える事ができます。

ちなみに人口問題研究所で調査したところ、30代の独身の日本人男性の25%、40代の独身の日本人男性の8%、50代の独身男性の1.5%が童貞という結果がでています。

確かに少数派ですが、珍しいとも言えない数字だと思います。

 

高齢童貞ってどう思う?

当たり前の事ですが、生まれたての赤ちゃんは、みんな等しく童貞です。幼い男の子もみんな等しく童貞です。

子どもから大人としての成長の過程で、あるいは大人として成熟してから、恋人や結婚相手と出会い、恋をして、それぞれのタイミングで性行為を経験すると非童貞となります。

そのため、30歳になっても、40歳になっても、50歳になっても、童貞の男性は、大人として成熟していないという、マイナスなイメージを持たれると思いがちです。

でも、ちょっと冷静になって考えてみて下さい。

童貞 = 未熟な男性でしょうか?

非童貞 = 成熟した男性でしょうか?

決してそうではありません。

童貞でも、人としてマナーをきちんと守り、良識があり、立派で成熟している人もいれば、非童貞でも、あるいは性行為の経験が豊富な人でも、社会人として良識に欠けた人もいます。

童貞は、成熟していないというマイナスイメージは正しいものではありません。

1. 真面目な人だと思われる

高齢童貞の方は恋愛に対して真面目であるととらえられることがあります。

いい加減な気持ちで女性と付き合うことをせず、気づいたら年齢を重ねてしまっただけだと思われるのですね。

特にマイナスのイメージは無いようです。

逆にそのような方は今後の初体験のチャンスがあったときに、一生大事にできると思える人と出会って童貞を捨ててほしい、そう考えます。

ですので高齢童貞の方は後悔する必要もないでしょう。素敵な人と出会えるようにポジティブにいくべきです。

 

2. 貴重な存在だと思われる

やはり大体の男性は20代のうちには初体験を済ませる中で、30代になっても童貞であることは貴重だと思われます。

特に嫌われるわけではありませんが、なかなかいない存在だと重宝されることにもなるでしょう。

ただそこまでレアな存在と言うことでもなく、現に40代になっても10人に1人くらいはいますので、そこまで自分を追い込むこともなさそうです。

ですので焦らないように気を付けて、素敵な人がいたら頑張って接触できるように努力をしていけば良いでしょう。

逆に思いきって出会った人に童貞であることを告げれば、好印象を与えることにもなることもあります。

周りにあまりいないことを強みにして、女性と接していくことも良いことです。

 

3. 何か問題があるのかと思われる

高齢童貞であることは、今までの長い年月の中でまともな出会いがなかったとして、原因を考えさせてしまうことになります。

女性に嫌われる何かがあるのではないか、やや警戒されることでしょう。

性格上の問題か、普段から引きこもりなのかなど、良い意味ではとらえられない結果となります。

過ぎたことなので後悔はしていてもしょうがないと思いますが、ただ思いきって友人に自分の他人からのイメージを聞いてみることも今後のために良いことでしょう。

まず本人が高齢童貞であることを良いと思ってないはずなので、ここでこれ以上年をとって初体験の可能性を減らす前に、自らを知ることが大切なこととなります。

 

4. このまま一生童貞を願う

高齢童貞であることは貴重なので、このまま一生を童貞でいてほしいと思う方も一部います。他人事だから言えるのでしょうが。

ただ悪いイメージを持っているわけではないので、これで安心するか、そうはなりたくないと自らに活を入れるかは本人次第です。

本当に貴重な存在として見ていたい気持ちがあるのですね。

ただほとんどの高齢童貞の男性はそれを望まないと思うので、流されずに安心しきらないことをおすすめしたいものです。

しかし諦めてしまうことも、今後の人生を気楽に過ごせることにもなりそうですね。

 

童貞で後悔しているならソープで捨てる

初体験をソープで捨てることは思っているほど悪いことではないと思って良いでしょう。

それを経験としてしっかり今後に踏まえることが大事です。

そのあとはしっかりと女性を勉強して、素敵な彼女を見つけることに努めましょう。

童貞よりも良くないのは素人童貞です。

この肩書きだけは残さぬように、男を磨いて精進してください。

一度、本当の一般女性と経験すれば、本当の自信がつきます。

1. 周りの人はソープで脱童貞しても特に気にしない

初体験がソープだったり風俗であっても、それ事態はそんなに気にしない人が多いでしょう。

それもそれでひとつの選択肢だからということで否定はしないものです。

ただ、それからの経験が無いとか、またはソープでしか経験が無いというと気持ち悪がられることもあります。

素人童貞という言葉もありますので、そのレッテルを張られると逆に恥ずかしい思いをすることになります。

素人童貞であれば、普通の童貞の方がまだマシという方もいますので。

ですので初体験をプロの方で済ませたとしても、それからは自分は童貞ではないと自信をもって、一般の女性とも接触できるように努力は必要です。

 

2. 後悔はしなくても良い

童貞は捨てたいけど、モテなかったり様々な理由があって女性とお付き合いができなかったりと、初体験に持ち込めない方もたくさんいます

ですのでそのためにプロの世界もあるのです。そこで初体験を済ませた方も多いのが事実です。

それも経験なので後悔することはないでしょう。

これは考え方次第ですが、相手がプロであるか一般の方なのかの差です。

女性であることは確かなので、経験は経験と考えても良いでしょう。

なんにしろ後悔しても終わったことなので、これを糧にして行くことを考えた方が良いです。

ただ、今後彼女ができたときは「初体験はソープでした」とは言わない方が良さそうですね。

それは引かれる傾向が強いですので。

 

3. ソープは最後の切り札

どうしても童貞は捨てたい、でもなかなか相手がいない。

そうなるとソープなどが頭をよぎってしまいますが、もしそれを回避したいのなら、当たって砕けるつもりで合コンパーティーなどに参加するのも良いと思います。

ソープに行けば手っ取り早く童貞は捨てることができますが、お金もかかるし名誉にも関わってきます。

できる限り初体験は一般人が理想ですよね。

ですのでダメモトで出会いの場に繰り出してみましょう。

結果は行かなければ解りません。美味しい話が舞い込んでくるかもしれないのです。

まずはやるだけやってみて、ソープは最後の切り札くらいに考えておきましょう。

 

童貞は個性の1つ

今の日本は超情報化社会です。インターネットで世界中とつながり、クリック1つでどんな事でも調べる事ができるようになりました。

童貞と検索しても、非童貞と検索しても、ものすごい件数の検索結果が出ます。

ためになる知識や情報がある一方で、間違った知識や情報が載っている事も多いです。

偏ったものや、悪意に満ちたもの、見た人が傷つく内容もあります。

たくさんの情報や様々な価値観に溢れた中で、本当に正しい事が分かりにくくなってきているのかもしれません。

童貞には、未熟だとか、恥ずかしいだとか、可哀想だとか、気持ち悪いだなんてイメージがありますが、それも個人の感じ方、考え方だと思います。

世の中には、様々な考えを持つ人がいます。

なので、なかには「童貞なんて気持ち悪い」と思う人も、「性行為をした事がないなんて可哀想」と思う人も「童貞って恥ずかしい」と思う人も存在しています

ですが、もっとたくさんの人が、童貞という理由だけで、マイナスな印象を持ったりはしません。

童貞は個性の1つです。

良い事でも、悪い事でもありません。

もちろん、性に関するデリケートな事ではあるので、誰にでも気軽に、場所も選ばず、自分からペラペラと話すのは好ましいとは言えませんが、そのような配慮ができている人なら、童貞でも気に病む必要はないです。

マイナスなイメージを持たれやすい童貞ですが、大切なのは童貞か、非童貞かではなく、年相応の礼節や常識があるのか、社会に貢献できているか、他人に適切な気配りができるかなどの人間性です。

ただ実際に童貞を捨てたい方は、年を重ねるごとに初体験の可能性が減ってきますので、今のうちから対策を練っておいてください。

結局は自らの選択で童貞できているわけなので、後悔してもしょうがないことです。

ポジティブに考えて、自分の望む結果が出るように精進していただきたいと考えます。

 

今はネットの出会いが一番おすすめです

20代30代におすすめの婚活サイト比較

もしかしてまだアプリの出会いはチャラいと思っていませんか?

今や20代・30代、それ以上の世代もネットで出会って結婚することが普通になってきています。

休日の繁華街で石を投げると、マッチングアプリで待ち合わせをしている人に当たると言っても過言ではありません。

それくらいみんな、なんらかのマッチングアプリ・婚活サイトをやっているのです。

男女ともに登録無料なので、良いお相手と出会いたいならまずはインストールしてみることをおすすめします。

-恋愛コラム

Copyright© 結び糸 , 2019 All Rights Reserved.