女子大は彼氏できない?出会いがない女子大生でも恋人を作る方法

更新日:

春から夢の女子大生になる皆さん。女子大に入れば新しいことにチャレンジして、新しい恋もして…と期待が高まりますよね。

ところが、女子大出身の先輩や在校生からこんな声を聴くことが多いはず。

女性
女子大生には彼氏ができない、出会いがない!!!

なぜなら、女子大に通えば出会う人はもちろんみんな女子。異性との出会いの場なんて自然にやってくるものではなく、彼氏ができないと悩んでいる女子大生も多いはず。

でも大丈夫!女子大生に彼氏ができないのは「女子大だから」が原因ではないんです!むしろ「女子大だからこそ」彼氏ができやすいのです!

ではどうすればいいのか。それは、共学女子にはない「女子大生ブランド」を使って努力することが重要なのです。

この記事では、「女子大生ブランド」を使った彼氏の作り方を徹底的に教えます!

女子大だからは関係ない!努力すれば女子大生でも彼氏はできる!

他大学女子の彼氏いる率に騙されてはダメ!

女子大生の皆さんは、共学大学に通う女子は彼氏がいる確率が高いと思い込んではいませんか?実はそんなことはありません。

大学生へのアンケート調査では、恋人はいますか?の質問に対して「いる」と答えた女子は575人、「いない」と答えた女子は1067人、彼氏がいると答えた女子は35パーセントと半分にも満たない結果が出ています。

小野ちゃん
実際、私も共学の四年制大学に通っていましたが、彼氏ができない友人も多くいました。

この調査結果のように、共学大学に通っているからといって彼氏ができるとは限りません。むしろ、共学だからいつか出会いがくると油断して努力を怠ってしまえば、出会いの場があっても彼氏はできませんよね。

しかし、いくら共学女子は彼氏ができるとは限らないといっても、同性にしか出会う機会のない女子大なのですから、共学女子より不利なのは明確です。

まずは、共学女子と肩を並べるために「女子大だから」という思い込みは捨てましょう。そして、「共学だから」と油断している女子との差をつけることが重要なのです。

諦めずに、女子大でも彼氏ができる!という気持ちを持ちましょう。

他大学女子とここが違う!ということをアピールしよう!

「女子大だから」という気持ちを捨てたならば、次は他大学の女子との違いをアピールしていきましょう。

浮気の心配が少ない

付き合う際に、共学女子は異性との接触が多い分、浮気などの心配も増えてしまいます。しかし、異性との接触が少ない女子大生ならその心配もありません。

異性との接触が少ないというデメリットをメリットに変えることができます。

細かい配慮ができる

また、女子大には細かな配慮や気遣いを学ぶカリキュラムが多く、女性との交流も多いため、共学女子では気づかないような気配りをすることができます。

合コンなどの出会いの場で存分に発揮すれば、十分に他大学女子と差をつけることができるでしょう。

就職率が高く安定している

また、女子大生は他大学女子に比べても自立志向が強く、就職率も高いとされています。女子大は専門職を学ぶ学部がほとんどなので、安定した職に就くことも可能です。

今の時代、男性がバリバリ働きたいと願っているとは断言できません。女性が男性を支えても良い時代といえます。

共学に通っていれば、女性が手に職をつけることは簡単にできることではありません。女性に頼りたい男性にとって女子大に通う女性はまさに理想的といえるでしょう。

 

彼氏の作り方!「女子大生ブランド」を存分に使おう!

女子大生が彼氏をつくる方法として必要なのは、他大学女子にはない特別感、つまりブランド力です。

冒頭でもお伝えした通り、この「女子大生ブランド」を有効に使うことがポイントとなってきます。

世間の抱く女子大生のイメージといえば、外部との接触があまりない女性ばかりで、敷居が高く感じます。誰だって普段手に入りにくい物を手にいれた時、誰かに自慢したくなるものです。

その心理を利用して女子大生は、男性が普段なかなか関わりあえない女性を自分の彼女にして、周囲に自慢したいと思わせることができます。

では具体的にどのような場面で「女子大生ブランド」を使用すればいいのか。それは、女子大生が少ない場所に積極的に足を運ぶことです。

ここでは、女子大生が少ない場所というところがポイントになります。

いくら出会いを求めて学外へ足を運んでも、周りが女子大生ばかりではブランド力を引き出すことはできません。自分が特別になれる場所を自分で見つけることが重要なのです。

女子大ならではのナチュラルなイメージで異性の多い場所へ行こう!

他大学との合同サークル

大学生の主なコミュニティーといえば、部活、サークル、アルバイト、ボランティア活動など様々ですよね。

女子大の場合、学内のコミュニティーに入ってしまえば、異性との接触は望めません。部活やサークルに入るならば、男子学生のいる他大学と合同でやっているサークルがおすすめです。

小野ちゃん
例えば、私の女子大出身の友人も、学外の野球サークルで彼氏をつくることに成功しています。

野球サークルならば、男性が多く女性も少ないので、「女子大生ブランド」が大いに発揮されるでしょう。

対して、テニスサークルは各大学の美人が多く集まる傾向があります。彼氏づくりには不向きなので注意しましょう。

サークルや部活だからといって学内に留まらず、視野を広く持てば、出会いの場がたくさんあることに気付くはずです。

アルバイトやボランティア、習い事

視野を広く持つといった意味では、アルバイトやボランティア、習い事が有効的です。

なぜなら部活やサークルとは違い、同年代だけでなく、自分よりも違う年代の人と交流することも多くあります。

同年代の男性が嫌だという人には理想的な出会いの場といえます。

また、女子大生の場合、アルバイト先も慎重に選ばなくてはなりません。なるべく男性が多い職場を選ぶことで「女子大生ブランド」を存分に発揮しなくてはなりませんからね。

その場合は男性がよく働いているコンビニやテーマパークのアミューズメントスタッフがオススメです。

コンビニのレジやアミューズメントスタッフは配置の振り分けが少人数です。コンビニの場合、二人でレジを回すことも多いので二人だけの会話を楽しむことができます。

アミューズメントスタッフは、休日をつかって朝から夕方まで定位置で働くことも多く、尚且つ男女ペアで配置されることもあります。

小野ちゃん
私の友人も学生時代、このパターンで出会った彼と結婚することが決まっています。

対して居酒屋やファミレスは、忙しいうえに二人きりになれる確率はほぼありません。彼氏づくりには不向きなアルバイトといえるでしょう。

習い事をする際にはジムや料理教室など、スキンシップの多い習い事が有効的です。

「女子大生ブランド」に磨きがかかるスキルを身に着けながら相手探しをするならば、習い事は最適といえるでしょう。

他大学を狙うなら理系大学がベスト!

合コンや街コンに参加するのであれば、「女子大生ブランド」を際立たせるため、比較的女子が少ない大学や学部の男性を攻めるのがおすすめです。

特に東工大や理科大などの理系男子は女子と接する機会が少ないと言われています。

内気なイメージのある理系男子ですが、合コンなどに参加するということは、ある程度出会いを求めている証拠。

逆に共学の文学部は女子率も高いため、彼氏になる可能性は低いでしょう。

理系男子だからといって遠ざけていると、好みの異性と出会うチャンスを逃してしまうことになります。彼氏が欲しいのならば積極的に出会いの場に参加しましょう。

また、合コンのお誘いは、ある程度交友関係を広めなければ誘われる可能性は低くなってしまいます。

異性と出会いたいのであれば、まずは学内の同性の友達との交流を深めることも彼氏づくりの重要なポイントといえるでしょう。

ネットで簡単マッチング!安全な出会い系サイトで彼氏を探そう!

実際に会うだけが出会いの場とは限りません。スマホひとつで出会える時代です。

自分にとって理想的な相手を探している人や、見た目だけで判断してしまいがちな人にはマッチングアプリがおすすめです。

ここで注意すべきなのは悪質な出会い系サイトは使わないことです。必ず名前が知られている企業のサイトを使用しましょう。

例としてあげるならば、リクルートが運営している「ゼクシィ恋結び」です。

これまでの累計マッチング数は150万組と人気のアプリで、20代の利用者が70%以上という結果が出ています。出会いの場としては放っておけないでしょう。

「ゼクシィ恋結び」はFacebookを通じて「いいね」でアピールするしくみとなっています。プロフィール画像や内容を工夫して男性から「いいね」を多くもらえれば彼氏探しもスムーズです。

Facebookで気軽にできるという点と、プロフィールに「女子大生ブランド」が使えるといった点がメリットです。一度試してみるのも1つの手かもしれません。

他にも様々な人気マッチングアプリがありますので、それは次の記事で紹介しています。

30代40代男性に人気!マッチングサイト・アプリおすすめランキング【口コミ比較】

恋人を作りたいけど「実生活で出会いがない…」「婚活パーティーや街コンなど大人数の集まりが苦手…」 今すぐマッチングサイト使いましょう。 マッチングアプリのニーズは年々高まっており、オンラインの恋愛マッ ...

 

ブランド力を高める自分磨きで彼氏をつくろう!

「女子大生ブランド」の価値をあげるのは自分自身です。ブランド力が廃れないように身も心も常に磨き続ける必要があります。

どんなに出会いの場に参加しても、メイクが手抜きになっていたり髪もボサボサの状態では、男性がときめくはずがありません。

また、自分磨きを念入りにすることは男性のみならず女性からも好印象です。同性からの支持を得ることによってよりブランド力を向上させることができます。

しかしここで押さえておきたいポイントは、女性と男性で捉え方は異なるということです。

実際に女性はナチュラルな服装を好むのに対し、男性は女性らしい服装や大人っぽい服装を好む傾向があります。男性受けを狙うなら女性らしい見た目を心がけましょう。

また、基本的に男性は健康的な身体を好む傾向があるため、ダイエットのしすぎで細すぎる体になってしまっても逆効果です。

ダイエットではなくスタイルを良くすることが、男性受けする自分磨きの近道といえるでしょう。

「女子大=お嬢様」というイメージを利用してお嬢様系ファッションに!

「女子大生ブランド」を生かしていくためには「女子大=お嬢様」というイメージをファッションにも取り入れる必要があります。

先ほども述べたとおり、男性は女性らしいものや大人っぽいファッションを好む傾向があるため、出会いの場に参加する際にパンツスタイルは避けた方が良いでしょう。

また、清楚だからといって甘すぎるコーディネートもかえって野暮ったい印象を与えてしまいます。

ブラウスにミモレ丈スカートなど、ナチュラルな中にもお嬢様要素を取り入れることで男性受けを狙いましょう。

見た目だけではなく人柄や行動で可愛さをアピールしよう!

出会いの場では理想的な相手をじっくり見極めることが必要ですが、それは男性側も同じです。見た目ではなく人柄にも磨きをかけて男性に選ばれる必要があります。

女子大生はブランド力がありますが、本当のお嬢様のような態度をとってしまえば逆効果です。常に話しかけやすい態度で異性と関わることが重要です。

また、人柄の他にも異性に好かれる行動をとることでアピールすることができます。男性が好きな女性のしぐさで最も多いのは「笑顔」です。

彼氏をつくるチャンスの場では必ず笑顔を心がけると好印象です。

いかがでしたか。このように「女子大だから」彼氏ができないのではありません。「女子大だからこそ」男性をときめかすことができるスキルをたくさん持っているのです。

「女子大生ブランド」を生かして充実したカップルライフを楽しみましょう!

 

今はネットの出会いが一番おすすめです

20代30代におすすめの婚活サイト比較

もしかしてまだアプリの出会いはチャラいと思っていませんか?

今や20代・30代、それ以上の世代もネットで出会って結婚することが普通になってきています。

休日の繁華街で石を投げると、マッチングアプリで待ち合わせをしている人に当たると言っても過言ではありません。

それくらいみんな、なんらかのマッチングアプリ・婚活サイトをやっているのです。

男女ともに登録無料なので、良いお相手と出会いたいならまずはインストールしてみることをおすすめします。

-恋愛コラム

Copyright© 結び糸 , 2018 All Rights Reserved.