婚活疲れた。。婚活鬱(婚活うつ)になる前に気をつけること

投稿日:

「婚活鬱(婚活うつ)」という言葉を聞いたことありますでしょうか?

婚活鬱とは名前の通り、婚活で疲れてしまい、精神的に病んでしまうメンタル疾患のことです。

楽しい未来のために婚活を頑張っていたはずが、いつの間にか億劫になっていたり、面倒だなと感じ始めていたら要注意です。

そこで今回、婚活鬱で苦しまないように、婚活疲れの症状やなりやすい人、婚活鬱にならないために気を付けることをご紹介致します!

婚活疲れの症状

婚活をしている方の中には気付かない間に婚活疲れの症状がでている人もいます。

婚活疲れの症状について紹介しますので、当てはまっていないか確認してみて下さい。

また当てはまった場合は、一度婚活から離れるなどして休憩してこの機会に疲れを解消しましょう。

婚活のことを考えるのが怖くなった

婚活を真剣に行うほど、頭の中で常に婚活のことを考えてしまいます。

婚活のことを考えていることが楽しければ問題はありませんが、婚活疲れの症状が出ている人は、次第に婚活のことを考えるのが怖くなってきます。

例えば、

女性
こんなに婚活を頑張っているけど本当に結婚できるのだろうか?
女性
なんだか婚活のことを考えるのが面倒になってきて嫌になってきたなぁ。

と感じ始めたら要注意です。

婚活に対して少しでも現実逃避したくなってきているのであれば、それは婚活疲れを起こしているということになります。

自分に対して悲観的になった

婚活をしていると、うまくいかないことや良いなと思っていた人に振られてしまうということは多々あります。

思ったように進まないことが連続で起きると、次に自分自身を責めてしまう人がいます。

例えば、

女性
私ってモテないんだなぁ。
女性
私はこのまま一生結婚できない運命なのかも。

などと自分に対して悲観的になってしまうことが増えた時は婚活疲れの症状が始まっています。

また、婚活をしている中で、少し性格のキツイ人からダメだしをされたり、自分のことを否定されるような発言をされたときに、ショックで落ち込んでしまうという場合があります。

人によってはそんなこと全く気にしないですが、中には相手から言われた一言にとても傷ついてしまい、メンタルをやられてしまう人もいますので、そういった場合も婚活疲れの症状に繋がってきます。

 

婚活鬱になりやすい人の特徴は?

実は鬱病はなりやすい人となりにくい人がいます。

次に婚活鬱になりやすい人の特徴をお教えしますので、自分自身が婚活鬱になりやすいタイプであるかないか確認してみて下さい。

ストレスを感じやすい

日常生活や仕事でストレスに弱い人は婚活鬱になりやすいです。

特にストレスを感じやすく、発散するのが苦手な人ほど危険です。

日頃のストレスをその日のうちにか、遅くとも週末にはしっかりと解消できるタイプの人であれば鬱状態には比較的なりにくいですが、ストレスに負けてふさぎ込んでしまうタイプの人は注意が必要です。

完璧主義者

一般的に完璧を求める人は鬱になりやすいです。

「○○であるべき」や「○○しなくてはいけない」という思いが強く、それを達成したがる完璧主義者は思った通りに物事が進まないと、大きなストレスを感じます。

もし仮に婚活でうまくいかないことが立て続けに起こったとすると、その時にとても苛立ちやもどかしさを感じていまい、いつの間にか婚活鬱になっていたという場合があります。

プライドが高い

自分に自信があり、プライドが高い人も鬱になりやすいです。

プライドが高い人は異性に振られたり、自分を否定されるような言動をされることが許せません。

また婚活で行動したことで失敗したり傷つくことを恐れてしまい、思い通りに行動ができないことをストレスに感じます。

なんで私がうまくいかないのと苛立ち、苛立ちやストレスが蓄積され婚活鬱になるという場合があります。

 

婚活鬱の原因3つ

鬱病になるには原因があります。

もし婚活鬱になってしまったら根本的な原因を突き止め、解決しないと解消はできません。

また事前に原因を知っておくことで、婚活鬱にならないように未然防止にも役立ちます。

では次に婚活鬱になってしまう原因についてご紹介致しますので、参考にして下さい!

頑張りすぎてしまう

常に全力で走り続けているような状態、つまり常に婚活を頑張りすぎてしまうと、エンジンが切れた時に一気に疲れがきて、ふさぎ込んでしまうという場合があります。

そのため、適度に婚活を頑張っている人は、コンスタントに婚活をすることができ、疲れを感じにくく、婚活鬱になる可能性は低いです。

やる気があるときに集中して婚活をやるのは効率的でとても良いことですが、常に頑張りすぎてしまっている人は、時々休息をはさみましょう。

断られる理由が分からない

婚活で気に入った異性にアピールをしても、断り続けられてしまう人がいますが、そういった時に断られた理由が分からなく、悩んでしまって鬱状態になってしまうという場合があります。

もし共通の友人がいるのであれば、その友人経由で自分がダメだった理由を確認してもらうことができますが、婚活では共通の友人がいる可能性が低く、また直接相手にも聞けずに、原因不明で終わってしまうことがあります。

断られる理由が分からないとモヤモヤしてしまい、自分自身を否定しがちになってしまいます。

小野ちゃん
断られても、この人とは縁がなかっただけと前向きに次に進むようにしてあまり理由を知ることにこだわらないようにしましょう。

否定され続ける

女性より男性にありがちなことですが、自分のことを否定するようなことを言われ続けられたことで、傷つき、鬱の症状がでてしまう場合があります。

一般的に、男性は女性に対して優しいので、傷つくようなことはあえて言わないという人が多いですが、女性は男性にズバッとひどいことを言ってしまう人がたくさんいます

少しくらいであれば何を言われても大丈夫な人が多いですが、さすがに自分のことを否定されるようなことを次から次へと言われ続けると、自分はもうダメな人間だと思い込み、婚活ができなくなってしまう人がいます。

坂本です
もし否定されるようなことを言われたら、落ち込むのではなく、ポジティブに「そうか、そこがダメだから直そう」と考えて行動することをオススメします。

 

婚活鬱になる前に気をつけること

では最後に婚活鬱にならないために、気を付けることをお教えしますので、ぜひ取り入れて鬱症状を未然防止して、婚活ライフを楽しんでください!

無理をしない

「無理をせず、頑張りすぎない」ということが婚活が嫌にならない秘訣です!

人間は何事も無理をしても長続きしません。

頑張ることはとても良いことですが、頑張る時と休む時のメリハリをしっかりとつけることで、婚活を楽しむことができ、婚活鬱になる可能性は低くなるでしょう。

小野ちゃん
私の友人で、婚活に焦りを感じ、毎週婚活パーティに行っていた人がいますが、3ヶ月後には疲労感を感じ、明らかに婚活に疲れを感じて、その後、婚活をストップさせていました。

婚活で成功するためには、コツコツと進めることが大切ですので、無理しないようにしましょう。

人と比べない

婚活で嫌気がさすタイミングの1つとして、婚活を一緒にしていた友人がうまくいっているが、自分はうまくいかない時というのがあります。

女性
友達はうまくいったのに、何で私はダメなんだろう
女性
周りのみんなは自分より容姿が良いから、自分はどうせ選ばれない

などと周りの人と比較するのはやめましょう。

人間の個性は十人十色で、好きな異性のタイプは1人1人異なります。

言い方は少し悪いですが、パッとしない容姿やクセのある性格の人でも、結婚できて幸せな家庭を持っている人ってたくさんいますよね?

婚活は自分自身との戦いであり、努力の見返りは自分にくるものですので、他の人と比べて落ち込んだりしないようにしましょう!

ダメになっても気にしない

婚活をしていて、うまくいかなかったり、良い感じになっていた相手とダメになってしまうことは誰にでもよくあることです。

婚活をしていると出会いが増えますので、出会いの数に伴ってダメになる数も増えるのは当然のことです。

ダメになってしまっことを悲観して引きずるより、「自分だけではなく、みんなよくあること」と気持ちを切り替えて、次に進んで下さい!

固定観念を持たない

婚活をするにあたり、信念を持つことは大切ですが、必要以上に何かにこだわりすぎたり、固定観念にとらわれるのはやめましょう。

「こうあるべきだ」などと決めつけてしまうとその枠におさまらなかった場合に嫌気がさしたり、モチベーションが下がってしまい、疲れを感じてしまいます。

婚活ではいろいろな人との出会いがありますし、婚活方法も様々ありますので、広い視野を持ち、新しい考えを持ったり、新しいチャレンジをしていくようにして下さい!

趣味を楽しむ

普段から趣味を持ち、楽しんでいるとストレス解消になりますし、婚活の気分転換になります。

「仕事」「婚活」「趣味」など多くの顔を持っていると、「婚活」で落ち込んだときでも「趣味」などがリフレッシュになり、自信を取り戻すことができます。

本気で婚活を始めると趣味より婚活を優先してしまう人がいますが、婚活中も以前からの趣味を大切にして引き続き楽しむことで、婚活鬱防止になるのでオススメです。

 

婚活疲れになった時の対処法

精神的に疲れないこと!加点方式で自分をみましょう

婚活って時々自分が「選ばれない人間」のような気がして心折れそうになりますよね。

気持ちが落ち込むと「できない」ことばかりに目がいきますが、「仕事」をしながら「婚活」もやっている人は本当に頑張っていると思います。

「またダメだった…」「私なんてダメだ」なんて思わずに、婚活が終わったらちゃんと行動した自分を褒めてあげましょう。

婚活がうまくいかなくても、「私の良さが分からないなんて勿体ないな」って思えばいいと思います。

失恋してもその男性(女性)が全てじゃなかったように、婚活してもそれが全てではありません。

どんな時も「だいじょうぶ!」と思っていきましょう。

独女会でストレス発散!

お喋りすると元気になりますので、互いに実情を分かり合える「独女会」はとても大切です。

また、頑張って婚活している友人に会うと、自分の婚活に対する気分も上がります。

しかし、独女会でより疲れる場合もあります。

悪口と愚痴ばっかりでなんだか疲れたなと毎回思うようであれば、今後は参加せずに一人で映画をみたり、早く寝たほうがいいかもしれません。

おかんを味方にする

多くの場合は婚活相談を親にしないと思いますが、本当に疲れてしまった時や「婚活」が分からなくなった時、もしくはおかんの「結婚」への小言が多くてストレスを感じている時は、思い切っておかんに話してみるのもいいでしょう。

今まで恋愛相談したこともない場合、喜んでくれたりします。そして、やはり人生経験の長い親です。的確なアドバイスがもらえることもあります。

何より、自分からオープンにしてしまうと、すごく気が楽になりますよ。

 

今はネットの出会いが一番おすすめです

20代30代におすすめの婚活サイト比較

もしかしてまだアプリの出会いはチャラいと思っていませんか?

今や20代・30代、それ以上の世代もネットで出会って結婚することが普通になってきています。

休日の繁華街で石を投げると、マッチングアプリで待ち合わせをしている人に当たると言っても過言ではありません。

それくらいみんな、なんらかのマッチングアプリ・婚活サイトをやっているのです。

男女ともに登録無料なので、良いお相手と出会いたいならまずはインストールしてみることをおすすめします。

-婚活

Copyright© 結び糸 , 2019 All Rights Reserved.